クルマ

 

マツダは、先進安全技術「i-ACTIVSENSE」を主力モデル全車に標準装備化することを発表。

関連サイト:マツダ、先進安全技術「i-ACTIVSENSE」の標準装備化を発表 (マツダ公式)

クルマ, コスパ高いクルマ選び

 

前回の記事で、AT (自動変速機)またはCVT (無段変速機)のマニュアルシフトモード (フロアMT)やパドルシフト (パドルスイッチ)が標準装備・オプション設定の乗用車を取り上げた。

しかし、マ ...

クルマ, コスパ高いクルマ選び

 

本当のクルマ好きは、ミッションにマニュアルを採用したスポーティーな車を選ぶ人が多い。

しかし、駐車スペースや収入などの関係で、セカンドカーを持てる環境にない人は、家族のことを考えて、ミッションに運 ...

クルマ

 

国土交通省は、「高齢運転者事故防止対策プログラム」に基づき、2020年までに先進安全技術 (自動ブレーキとペダル踏み間違い時加速抑制装置)を標準装備またはオプション設定される見通しであることを明らかにした。

クルマ, コスパ高いクルマ選び

 

自動車の運転支援システムは、大まかに3つに分けることができる。

衝突被害軽減ブレーキ+誤発進の抑制機能(前進)(後退)、衝突被害軽減ブレーキ+誤発進の抑制機能(前進)、衝突被害軽減ブレーキのみ 。 ...

クルマ, コスパ高いクルマ選び

 

ここ数年の間に、輸入車がだいぶ買いやすくなった。

海外メーカーが、高級なモデルだけではなく、安価なモデルにも力を入れるようになった。

※例えば、メルセデス・ベンツのCクラスなど ...

クルマ, コスパ高いクルマ選び

 

自動車評価の基準は、セーフティー(安全性)・ドライビング(走行性)・メンテナンスコスト(維持費)の3つの視点から採点している。

これから高齢化社会を迎えるにあたって、自動ブレーキと誤発進の抑制機能 ...

クルマ, コスパ高いクルマ選び

 

正しい姿勢で運転するのに、チルトステアリングはもちろん、テレスコピックステアリング機構は欠かせない。

チルトステアリングとは、ハンドルの高さ(上下)、テレスコピックステアリングとは、ハンドルの前後 ...

クルマ, コスパ高いクルマ選び

 

国内専用車をはじめ、世界戦略車であっても日本国内で販売されているモデルは、快適装備を充実させる(省かない)代わりに、安全装備を省いて価格上昇を抑えているのが見受けられる。

例えば、イギリスで販売さ ...

クルマ, コスパ高いクルマ選び

 

商用車と乗用車の違いとはなんだろうか。

 

1つ目は装備について。

乗用車についている快適装備、AM/FMラジオ、エアコン、パワーウィンドウ、パワードアロックはも ...