クルマ, コスパ高いクルマ選び

 

今後、日米での2か国間の自由貿易協定(FTA)によって、米国がTPP交渉の時から求めている安全基準の見直しや系列店での販売解消などとともに、軽自動車の規格や優遇税制について非関税障壁であると指摘されて消滅する ...

クルマ, コスパ高いクルマ選び

 

自動車は、大きくはプライベートで使う乗用車と仕事で使う商用車(軽トラックもこちらに属する)に分かれるが、乗用車はさらにSUV・クロカン、オープンカー、キャンピングカー、クーペ、軽自動車、ステーションワゴン、セ ...

クルマ, コスパ高いクルマ選び

 

乗り出し価格が50万円の車種は、本体価格がだいたい30万円~45万円の車種に該当する。

※販売店オプションや架装・加修などの有無によって金額が変わるので、一概には言えない

例えば、本体 ...

クルマ, コスパ高いクルマ選び

 

これまでの自動車や住宅は、新車や新築で買って自動車ローンや住宅ローンで数年や数十年にわたって支払っていくのが一般的である、耐久消費財の代表と言われていた。

しかし、最近では自動車を複数で共同使用す ...

クルマ, コスパ高いクルマ選び

 

国内専用車と世界戦略車の違いについては、前回の記事で書いている。

分かりやすく言えば、国内専用車はユーザーに訴求しやすい目に見える部分を重視していて、世界戦略車(特に欧州仕様)は走行性や安全性のよ ...

クルマ, コスパ高いクルマ選び

 

国内専用車(モデル)は、ティッシュやジュースホルダーなど収納の充実、フルオートエアコン、運転席パワーウィンドウの自動開閉のような、車内で過ごす時の快適性を重視している。

一方、世界戦略車のうち、欧 ...

クルマ, コスパ高いクルマ選び

 

最近、偶然にもバッテリーの交換が続いたが、パナソニック N-60B19L/C6とACデルコ AMS60B24Lを持ちあげた感想は、AMS60B24Lは重くて結構しんどいことだった。

N-60B19 ...

クルマ

 

昨日、マツダ プレマシー (DBA-CREW)のバッテリーをマツダ純正の255B-V9-Y10LからACデルコ AMS60B24Lに載せ替えたことを書いた。

タイヤについても、今のところひび割れは ...

クルマ

 

先日、スバル プレオに続いて、マツダ プレマシー(DBA-CREW)のバッテリーが上がって、エンジンが掛からなくなった。

セルが一瞬だけキュルルと鳴るので、プレオと同じくバッテリーが劣化して上がっ ...

クルマ, 田舎生活

 

純正アルミホイールが装着されているクルマを買っても、ホイールは1つしか付いてこない。

春夏秋冬に関係なく使えるオールシーズンタイヤを使うのも1つの手だが、割高ゆえに、多くの人はサマータイヤとスタッ ...