CANON LS-10T-WH-税抜き表示の価格に備えて-

昨日、政府が来年の4月から消費税を8%に引き上げることを公式発表した。

それに付随して、2017年3月までの時限措置ではあるが、10月1日から税抜き価格 (消費税を除いた商品価格の表示)が認められた。

小売り業界では、ラベルの貼り替え作業の軽減や製品自体の値上げではないことをアピールするために、税抜き表示を主流にすると宣言している。

消費者サイドとしては、生活防衛の一環として、その場で税込価格を素早く計算できるように備えなければならない。

そこで考えたのが、ポータブル電卓を持ち歩くこと。確かに、現在販売されている携帯電話やスマートフォン、タブレットにも初めから電卓機能がついているが、税計算機能 (税抜・税込)のない場合が大半だ。

スマートフォンやタブレットの場合、App Store (iOS)やGoogle Play (Android)でアプリをダウンロードまたは購入すれば、税計算機能を付加した電卓を無料または有料で手に入れることができる。

ただ、スマホやタブレットのバッテリーが切れてしまった時は全く使うことができない。それに、計算に特化した専用機器の方が、起動する時間も早いので、なんだかんだ言って使い勝手が良い。

消費税の計算が行える安価な製品の1つとして、CANON LS-80TU-WH (420円~)が候補に挙がった。最終的には、鍵などの入ったカバンに入れて持ち歩くことを考慮して、カバーつきのCANON LS-10T-WH (490円~)を購入した。

また、この機会に家庭で使う電卓も新調した。税計算機能以外にも(この価格帯では珍しく)時間計算のできる、10桁対応のCASIO MW-C11A-BU-N (660円~)を購入した。全部で9色あったが、なぜかレイクブルーのみ250円安く売られていた。

以前、ヨドバシカメラの新宿西口本店で、仕事で必要になってCASIO DF-120GT-N (2,310円~、当時は2,980円)を購入したが、660円の電卓でも時間計算機能がついていたので、思わずカートに入れてしまったw

※その後、8桁対応ではあるが、さらに安いCASIO SL-300A-N (530円~)が見つかったorz

もし12桁対応の税計算機能つき電卓が必要で、近所にホームセンターがある方は、定評あるCASIO JH-12VT-N (880円~)が見つかるかもしれない。

早打ちや00キーにも対応しており、知り合いが事務仕事で愛用している。なお、ヤマダ電機では980円で売られている。

※余談だが、現在仕事で使っているAURORA DT226TXは、12桁対応の税計算機能つき。当時、宇都宮のホームセンターで購入したが、400円と安いだけではなく、ボタンも打ちやすく、早打ちも可能なので、なかなか使いやすい。