Windows 10 Anniversary Updateでプライバシー機能を設定する

8月2日の26時からWindows 10 Anniversary Updateが入手できるようになったので、早速Windows 10 メディア作成ツールを使って大型アップデートした。

関連記事:SONY VAIO Type SをWindows 10 Anniversary Updateに大型アップデート

Anniversary Updateでは、Microsoft Edgeのエクステンションを含む機能の追加、Windows Inkの導入、Bash on Ubuntu on Windows 10の有効化など、いくつかの新機能が加わった

また、スタートメニューの仕様が一部変更されたが、これまでと同様に右クリックのメニューが使えるので、今回のアップグレードでWindows 10の使い勝手にほとんど影響しなかった。

しかしながら、Windows 7からWindows 10へのアップグレード時に設定したプライバシーの設定を知らない間に変えられているのは感心しない。

そこで、プライバシーの設定を最適化することにした。

関連記事:Win10(Build1607)プライバシー機能設定以外の情報保護対策1

Windows 10のプライバシー機能を設定する手順

スタート】 > 【設定】 > 【プライバシー

全般

プライバシー オプションの変更

アプリ間のエクスペリエンスのために、アプリで自分の広告識別子を使うことを許可する (この設定をオフにすると、IDがリセットされます)

オフ

SmartScreen フィルターをオンにして Windows ストア アプリが使う Web コンテンツ (URL) を確認する

オン

入力に関する情報を Microsoft に送信して、タイピングと手書きの今後の改善に役立てる

オフ

Web サイトが言語リストにアクセスできるようにして、地域に適したコンテンツを表示する

オフ

他のデバイス上のアプリを開くことを許可し、このデバイスでのエクスペリエンスを続行する

オフ

他のデバイス上のアプリで、Bluetooth を使用してアプリを開くことを許可し、このデバイスでのエクスペリエンスを続行する

オフ

Microsoft の広告について

Microsoft Advertising とその他のユーザー情報を管理する

Microsoft の広告について

このブラウザーの個人用に設定された広告

オフ

Microsoft アカウントの利用時は広告を個人用に設定

オフ

位置情報

このデバイスの位置情報はオフです

位置情報サービス

オフ

概略位置情報

オフ

場所の履歴

このデバイスの履歴をクリア

クリア

詳しい位置情報を使用できるアプリを選ぶ

Cortana、Microsoft Edge、Twitter、アプリ コネクター、カメラ、ニュース、マップ、メール/カレンダー、メッセージング、天気

オフ

カメラ

アプリがカメラを使うことを許可する

オフ

カメラを使用できるアプリの選択

Microsoft Edge、OneNote、Skype プレビュー、Sway、Twitter、アプリ コネクター、ストア、マップ、接続、マイク

オフ

マイク

アプリがマイクを使うことを許可する

オフ

マイクを使用できるアプリの選択

Microsoft Edge、Microsoft アカウント、OneNote、Skype プレビュー、Sway、Twitter、Xbox、ボイス レコーダー、メッセージング

オフ

通知

アプリが通知にアクセスすることを許可する

オフ

音声認識、手描き入力、入力の設定

この機能をオフにするとディクテーションもオフになり、このデバイスで収集されたあなたに関する情報が消去されます。

自分を知ってもらう

自分の情報を知らせない】になっている場合

これにより、ディクテーションもオフになり、あなたに合わせたコンテンツを表示するために使われる情報がデバイスから削除されます。

オフにする

アカウント情報

自分の名前、画像、その他のアカウント情報にアプリがアクセスすることを許可する

オフ

連絡先

アプリが連絡先にアクセスすることを許可する

オフ

連絡先にアクセスできるようにするアプリの選択

Skype プレビュー、Twitter、Xbox、メッセージング

オフ

カレンダー

アプリがカレンダーにアクセスすることを許可する

オフ

カレンダーにアクセスできるようにするアプリの選択

People、Windows

オフ

通話履歴

アプリが通話履歴にアクセスすることを許可する

オフ

通話履歴にアクセスできるアプリを選ぶ

People、メッセージング

オフ

メール

アプリがアクセスしてメールを送信することを許可する

オフ

アクセスしてメールを送信できるアプリを選ぶ

People

オフ

メッセージング

アプリがメッセージ (SMS または MMS) の読み取りや送信を行うことを許可する

オフ

メッセージ の読み取りや送信を行えるようにするアプリの選択

People、Skype プレビュー、メッセージング

オフ

無線

アプリが無線を制御することを許可する

オフ

他のデバイス

デバイスとの同期

PC、タブレット、電話と明示的にペアリングする必要のないワイヤレス デバイスとの間で、アプリが自動的に情報の共有や同期を行えるようにする

オフ

信頼済みのデバイスを使う

○○○○○(デバイス名)

アプリが ○○○○○ を使うことを許可する

オン

これらのアプリが ○○○○○ を使うことを許可する

モバイル コンパニオン

オフ

フィードバックと診断

フィードバックの間隔

フィードバックを求められる頻度

しない

診断データと使用状況データ

デバイスのデータを Microsoft に送信する

基本

バックグラウンド アプリ

アプリのバックグランド実行を許可する

3D Builder、Candy Crush Soda Saga、Groove ミュージック、Microsoft Edge、Microsoft Soltaire Collection、Microsoft Wi-Fi、OneNote、People、Skype プレビュー、Sticky Notes、Sway、Twitter、Xbox、はじめに、アラーム & クロック、カメラ、カレンダー、サポートに問い合わせる、ストア、スポーツ、ニュース、フィードバック Hub、フォト、ボイス レコーダー、マップ、マネー、メッセージング、モバイル コンパニオン、天気、接続、新しい Office を始めよう、映画 & テレビ、有料 Wi-Fi & 携帯ネットワーク、設定、電卓、電話

オフ

関連記事:Win10(Build1607)プライバシー機能設定以外の情報保護対策2