iPhone 4を上手く使いこなそう-料金プラン-

Apple iPhone 4の本体価格と料金プランは、「バリュープログラム(i)」と「標準プライスプラン」の2種類がある。

そこで、目的別に分類してみた。

1.「バリュープログラム(i)」 【月々5,713円~】(※3)

a.行動範囲では、ソフトバンクの電波が常に安定している

b.通話と通信の割引前の金額が、合計で5,713円を超えている(※1)

c.iPhoneを自宅や外でいつも使っているヘビーユーザー

d.外出した時にYouTubeを始めとした動画を見ている・見たい

e.NTTドコモやauとの2台持ちを避けたい

2.「標準プライスプラン」 【月々2,332円~】(※4)

a.行動範囲では、ソフトバンクの電波が常に安定している

b.通信よりも通話をメインに使っている(※2)

c.家や外出の時には、無線LAN(公衆無線LANを含む)を使ってネット接続している

d.WiFiルータをすでに所持・契約している

e.一括払いでの購入を考えている

3.「標準プライスプラン」+ b-mobile WiFiルータb-mobileSIM 【月々4,815円~】(※5)

a.iPad + WiFiなどiPhone以外の機器でもネット接続したい

b.iPhoneを自宅や外でいつも使っているヘビーユーザー

c.月々の携帯(通信)料金を節約したい

d.メールのチェック、Twitterや2ちゃんねるを見るなど速い回線が必要ない

e.田舎・山間・地下など、ソフトバンクの電波が弱い場所によく出かける

f.一括払いでの購入を考えている

g.すでにb-mobile WiFiルータ+b-mobileSIMを所持している

4.「標準プライスプラン」+ Pocket WiFi 【月々6,742円~】(※6)

a.iPad + WiFiなどiPhone以外の機器でもネット接続したい

b.iPhoneを自宅や外でいつも使っているヘビーユーザー

c.外出した時にYouTubeを始めとした動画を見ている・見たい

d.一括払いでの購入を考えている

e.すでにPocket WiFiを所持・契約している

P.S.
iPhone 4の事前予約に、ソフトバンク表参道では約270人、アップルストア銀座では約200人並んだ模様。

---

※1.「バリュープログラム(i)」(4,410円)+「ホワイトプラン(i)」(980円)+「S!ベーシックパック(i)」(315円)+「ユニバーサルサービス料金」(8.4円)
※2.21:00~25:00の間によく掛ける、もしくはソフトバンク以外のキャリアとよく通話する場合、「ホワイトプラン」だと21円/30秒となるので、980円を追加して、10.5円/30秒となる「Wホワイト」を契約した方が良い
※3.月月割(新スーパーボーナス特別割引)を除いた金額。「バリュープログラム(i)」の場合、1,920円割引されるので、実際の支払いは月々3,793円~となる
※4.本体を一括で購入した時の、月月割(新スーパーボーナス特別割引)を除いた金額。「標準プライスプラン」の場合、1,440円割引されるので、実際の支払いは月々892円~となる
※5.本体を一括で購入し、b-mobileSIMを半年または年間支払いの合計を月額に直した時の、月月割(新スーパーボーナス特別割引)を除いた金額。「標準プライスプラン」の場合、1,440円割引されるので、実際の支払いは月々3,375円~となる
※6.本体およびPocket WiFi(EMチャージ)を一括で購入し、EMチャージを30日定額(4,410円)で利用した場合の、月月割(新スーパーボーナス特別割引)を除いた金額。「標準プライスプラン」の場合、1,440円割引されるので、実際の支払いは月々5,302円~となる

---

「iPhone 4」予約受け付け開始 各所で混乱も
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1006/15/news080.html