軽自動車のスピーカーの音質をアップグレードするための条件

クルマでは、いつも音楽を聴いているが、近頃クルマでの音質に不満が出始めたので、純正のスピーカーを市販のスピーカーにアップグレードすることにした。

最近の軽自動車、例えば代表車種の1つであるSuzuki ワゴンRは、普通乗用車と同じ16cmまたは17cmのスピーカーを取りつけることができる。

このサイズは、各メーカーが力を入れている主力製品でもあるので、種類がとても多く、どのスピーカーにしようか目移りしてしまい、迷ってしまいそうだ。

関連記事:純正カースピーカーからKenwood KFC-RS121変更後の音と設定

下記のリストは、代表的なカーオーディオメーカーの製品から、条件に合う製品をピックアップしてみた。

なお、軽自動車の車両本体価格などとの釣り合いを考えると、高くてもせいぜい1万円台までの製品が対象になると考えている。

余談だが、Mitsubishi DS-G20(53,550円~)のような、ピュアオーディオの音質や価格に匹敵するカースピーカーを使われている方もいるが…。

Alpine DDL-R170S (19,820円~)
Alpine DDL-R170C (15,220円~)
Alpine DDL-R160S (21,190円~)
Alpine DDL-R160C (15,560円~)
Alpine STE-G170S (11,730円~)
Alpine STE-G160S (11,290円~)
Alpine STE-172C (7,650円~)
Alpine STE-162C (7,130円~)
Alpine STL-17C (5,980円~)
Alpine STL-16C (4,940円~)

Clarion SRT1755S (13,850円~)
Clarion SRT1655S (13,140円~)
Clarion SRT1700S (8,980円~)
Clarion SRT1600S (8,780円~)
Clarion SRT1700 (4,980円~)
Clarion SRT1600 (4,800円~)

Kenwood KFC-SS1700 (17,630円~)
Kenwood KFC-SS1600 (17,040円~)
Kenwood KFC-RS171 (4,780円~)
Kenwood KFC-RS161 (4,480円~)

Pioneer TS-C1710A II (18,980円~)
Pioneer TS-C1610A II (18,300円~)
Pioneer TS-J1710A (14,340円~)
Pioneer TS-J1610A (13,770円~)
Pioneer TS-F1720S (10,340円~)
Pioneer TS-F1620S (9,600円~)
Pioneer TS-F1720 (5,200円~)
Pioneer TS-F1620 (4,870円~)

Fujitsu Ten SGS1701 (7,750円~)
Fujitsu Ten SGS1601 (7,490円~)
Mitsubishi SR-1610C (16,800円~)

コストパフォーマンスの比較的高い、実売1万円以下の低価格帯スピーカーのうち、人気のある製品は、Pioneer TS-F1720、Kenwood KFC-RS171、Clarion SRT1700、Alpine STE-172C。その中でも、KFC-RS171とSRT1700は評価が良い。

ただし、少し古めの軽自動車は、10cmまたは12cmのスピーカーにしか対応していないので、上記のスピーカーは全て取り付けられない。

私の愛車であるSubaru プレオ(スバル謹製)も同様だ。

特に、12cmのスピーカーを選ぼうとすると、現行モデルでは、以下の2つの製品しか該当しない。

Alpine STE-122C (7,460円~)
Kenwood KFC-RS121 (4,670円~)

近隣のイエローハットなどカーショップで試聴できる場所があるかどうかは分からないが、その2つの中から決めることになると思う。