iPhone 4を上手く使いこなそう-Gmail-

Apple iPhone 3Gを手に入れてから数日前まで「i.softbank.jp」をメインにしてきた。

当時、今あるMMS(softbank.ne.jp)がなかったし、途中で変えるのも面倒だったので、そのまま使っていた。

けれども、フォルダ分けが出来ないといった不便な点があったので、Gmailのみにすることにした。

なぜMMSに変更しないのかだが、「モバイルデータ通信 オフ」の状態で受信できず、iPhone 4を月額最低料金で維持することが出来ないからだ。

MMSを受信するには、常時「モバイルデータ通信 オン」にしている必要がある。

移行する前に、「hogehoge@i.softbank.jp」でこれまで受信したメールをパソコンに保存するため、下記の方法にて、メールソフトの設定を行った。

≪メールソフトの設定≫

1.Sylpheedの場合

【設定>新規アカウントの作成】と進む

【アカウントの設定>基本タブ】と進む

個人情報に「メールアドレス(hogehoge@i.softbank.jp)」を入力する

サーバ情報に「プロトコル(IMAP4)・受信用サーバ(imap.softbank.jp)・SMTPサーバ(送信)(smtp.softbank.jp)・ユーザID(hogehoge)・パスワード(メールアドレスのパスワード)」を選択および入力する

【受信タブ】

IMAP4の認証方式を「自動」に設定する

【送信タブ】

認証の「SMTP認証 (SMTP AUTH)」にチェックを入れ、認証方式を「自動」に設定する

【SSLタブ】

IMAP4は、「SSLを使用しない」を選択する

送信 (SMTP)は、「SSLを使用しない」を選択する

「非ブロッキングSSLを使用する」にチェックを入れる

【高度な設定タブ】

「SMTPポートを指定」にチェックを入れ、「587」と入力する

「IMAP4ポートを指定」にチェックを入れ、「143」と入力する

〔適用〕をクリックする

【ファイル>フォルダ>新規フォルダを作成】と進む

フォルダが作成される

Accountxx (IMAP4)の「INBOX(受信)」「Drafts(下書き)」「Sent Messages(送信済み)」を先ほど作成したフォルダに移動して保存する

次に、iPhoneでGmailが受信できるように設定する(※1)。

≪iPhoneでの設定≫

1.iPhone 3GおよびiPhone 4(iOS 4.1)の場合

【設定>メール/連絡/カレンダー】と進む

アカウント内の「アカウントを追加…」をタッチする

「Microsoft Exchange」をタッチする

Exchangeに「メール(Gmailのアドレス)・ドメイン(空欄)・ユーザ名(Googleのアカウント)・パスワード(Googleのパスワード)」を入力する

〔次へ〕をタッチする

サーバの項目が新たに追加されるので、「m.google.com」と入力する

説明の欄は、先ほど空欄にしておいた場合、「Exchange」と自動的に入力される

〔次へ〕をタッチする

メール・連絡先・カレンダーの「オン」「オフ」を必要に応じて設定する

設定が終わったら、〔保存〕をタッチする

---

※1.この設定は、iPhoneでGmailがプッシュ受信できるようになった時に行っていたが、これまでGmailをほとんど活用していなかったので、良さを生かし切れていなかった