NTTドコモが高速次世代携帯電話サービスの開始をリリース

昨日、NTTドコモが12月24日から次世代携帯電話サービス「Xi」を始めることが発表された

次世代通信規格「LTE」を採用したサービスであり、光ファイバー並の速度(一部の屋内エリアでは下り最大75Mbps)で通信が行えるようになる。

なお、通常は下り37.5Mbps、上り最大25Mbps。

では、自宅で常時接続する回線として、設置工事の必要な光ファイバーや局内工事の必要なADSLの代わりに使えるのだろうか?

残念ながら、通信料が定額制ではなく従量制なので、同じように利用するのは厳しい。

ただ、Skypeなどのアプリケーション規制がないので、外で使う分には良いと思う。

料金は、5GBまでが1,000円~6,500円。

それ以降は、2GBごとに2,625円かかる。

ただし、12月24日から2012年4月30日までは、キャンペーンで上限額が4,935円となる。

対応エリアは、三大都市圏(東京・名古屋・大阪)から始まり、12年度中には県庁所在地や政令指定都市に広がる予定。

対応端末については、12月24日のサービス開始時にUSB接続型のLG L-02C、来年4月にはExpress Card型のFUJITSU F-06Cが発売される予定となっている。