iPhone 4Sが10月14日に発売、そしてauからも正式に発売へ

Appleから、iPhoneの最新機種となるiPhone 4S発表された

<今回進化した点>

・CPUがシングルコア (A4)からデュアルコア (A5)になり、CPU機能で最大2倍、グラフィックス機能で最大7倍にパワーアップした
RAMが512MBから1GB (1024MB)へと2倍になった
・メインカメラが500万画素から800万画素になり、新しい光学システムと顔検出機能が追加された
・動画撮影がハイビジョン (720p)からフルハイビジョン (1080p)対応になり、手ぶれ補正 (ソフトウェア)が可能となった
・通信方式がW-CDMA(UMTS)だけではなく、CDMA方式でも使えるようになった (W-CDMAは、最大14.4MbpsのHDSPAに対応)
・音声認識機能 (秘書アプリ「Siri」)が搭載された(英仏独、日本語には未対応)
・搭載OSがiOS5なり、iCloudにも対応した
・1回の充電で通話できる時間が、最大7時間から8時間へと1時間延びた
・iPhone 4で問題が指摘されたアンテナが改善された

価格は、16GBモデルが199ドル (約15,250円)、32GBモデルが299ドル (約22,920円)、64GBモデルが399ドル (約30,580円)となる(2年契約が前提)。

日本での販売価格は、現時点では未定。

10月7日から予約が開始され、14日に米国、カナダ、オーストラリア、イギリス、フランス、ドイツ、日本の7カ国を皮切りに、28日にはさらにプラス22カ国、年末には70カ国で販売される。

日本では、上記の日程にて、KDDI (au)とソフトバンクモバイル (SBM)から発売される。

■ iPhone 4S

CPU : Apple A5 1GHz (デュアルコア)
RAM: 1GB 512MB
内蔵メモリ: 16GB,32GB,64GB
ディスプレイ: 3.5型 (960 x 640) IPS液晶
メインカメラ: 800万画素 (裏面照射型センサー / AF,LEDフラッシュ)
フロントカメラ: VGA (640 x 480)
マイク: デュアルマイク (ノイズキャンセル機能あり)
動画撮影: 1,080p 30fps (ソフトウェア手ぶれ補正あり)
Wi-Fi: 802.11b/g/n (nは2.4GHz帯のみ)
マルチタスク: 可
サイズ: 115.2 x 58.6 x 9.3 mm
重量:140g
カラー:ブラック、ホワイト

今回のiPhone 4Sは、マイナーモデルチェンジとなる。

現在、すでにSBMで契約したiPhone 4を持っている人は、次のフルモデルチェンジとなるiPhone 5(仮称)まで待つのが良いかもしれない。

iOSを4から5にアップデートすれば、「iMessage」を使えるようになるので、SMSや通信キャリアが提供するEメールを使わず、キャリアに関係なくiPhone同士でメッセージを送ることが可能である。

なお、「iMessage」とは、iOS5を搭載したiPhone、iPad、iPod touch同士でメッセージが送受信できる機能。

下りが14.4Mbps (最大)、上りが5.76Mbps (最大)の高速インターネットを、Wi-Fiルータや端末のテザリング機能を使わずに1台で利用したい人は、SBM版のiPhone 4Sを買っても良いのではないか。

なお、au版は、下りが3.1Mbps (最大)、上りが1.8Mbps (最大)となっている。

それ以外に、今までSBM独占で発売されていた理由で、通信回線が脆弱、電波が弱い、2台持ちはちょっと…、その他多くの理由でiPhoneの所有を見送っていた人にとっては、KDDI (au)から正式に発売されることが決まった(データ通信料は未定)こともあり、SBMと本体価格や維持費がそれほど変わらないのであれば、auのiPhoneは買い時だと思う。

コンパクトデジタルカメラ(コンデジ)、携帯型ゲーム機、ポータブルカーナビゲーション(カーナビ)を買おうと思っている人も、iPhone 4Sであれば1台で全てを兼ねることができる。

最近売られている、ハイエンドモデルの多くのスマートフォン(タブレット)にも該当していることだが…。

実際、iPhone 4Sのカメラ機能1つを取り上げても、私が持っている4年前のコンデジより性能が良かったりする。

また、iPhone 4の8GBモデルが99ドル (約7,590円)、iPhone 3GSの8GBモデルが無料で販売(配布?)される(2年契約)。

なお、3GSは新興国向けの機種となる。

■ iPhone 4 (8GBモデル)

CPU : Apple A4 1GHz (シングルコア)
RAM: 512MB
内蔵メモリ: 8GB
ディスプレイ: 3.5型 (960 x 640) IPS液晶
メインカメラ: 500万画素 (裏面照射型センサ / AF,LEDフラッシュ)
フロントカメラ: VGA (640 x 480)
マイク: デュアルマイク (ノイズキャンセル機能あり)
動画撮影: 720p 30fps
Wi-Fi: 802.11b/g/n (nは2.4GHz帯のみ)
マルチタスク: 可
サイズ: 115.2 x 58.6 x 9.3 mm
重量:137g
カラー:ブラック、ホワイト

■ iPhone 3GS (8GBモデル)

CPU : Cortex A8 600MHz (シングルコア)
RAM: 256MB
内蔵メモリ: 8GB
ディスプレイ: 3.5型 (480 x 320)
メインカメラ: 300万画素 (AF)
フロントカメラ: なし
マイク: シングルマイク
動画撮影: VGA 30fps
Wi-Fi: 802.11b/g
マルチタスク: 可 (iOS 4.0以上)
サイズ: 115.5 x 62.1 x 12.3 mm
重量:135g
カラー:ブラック

iPod Touchも、10月12日から価格改定。

8GBモデルが16,800円、32GBモデルが24,800円、64GBモデルが33,800円となる。

カラーは、これまで発売されているブラックに続いて、ホワイトが加わった。

■ iPod touch (第4世代)

CPU : Apple A4 1GHz (シングルコア)
RAM: 256MB
内蔵メモリ: 8GB,32GB,64GB
ディスプレイ: 3.5型 (960 x 640)
メインカメラ: 70万画素 (960 x 720 / 裏面照射型センサ,AF)
フロントカメラ: VGA (640 x 480)
マイク: あり
動画撮影: 720p 30fps
Wi-Fi: 802.11b/g/n (nは2.4GHz帯のみ)
マルチタスク: 可
サイズ: 111.0 x 58.9 x 7.2 mm
重量:101g
カラー:ブラック、ホワイト

<考えられる主な組み合わせ>

1.iPhone 1台のみ所有し、パケット定額プランにて上限MAXで利用する(通話に050 plusなど050番号が付加されるサービスを利用する場合も含む)
2.ドコモまたはauの携帯電話(ガラケー)か通信端末(スマートフォン)+Wi-Fiルータ+iPhone を二段階パケット定額プランで最低料金にて維持し、通信をWi-Fiルータ (b-mobileやイーモバイルなど)や公衆無線LANの通信回線でインターネットを行う
3.ドコモまたはauの携帯電話(ガラケー)か通信端末(スマートフォン)+Wi-Fiルータ+iPod touchにて、通信をWi-Fiルータ (b-mobileやイーモバイルなど)や公衆無線LANの通信回線でインターネットを行う
4.IP電話(アプリ)+Wi-Fiルータ+iPod touchにて、通話は050 plusなど050番号が付加されるサービス、通信をWi-Fiルータ (b-mobileやイーモバイルなど)や公衆無線LANの通信回線でインターネットを行う
5.SIMフリーのiPhone+b-mobileのSIM(iOS5以降は、今のところドコモのSIM (日本通信はドコモのMVNO)が使えない)

最後に、iPod nanoには、新たに「Nike+」が内蔵され、時計の機能が変わった(16種類のデザインや時刻表示の変更など)。

販売価格は、8GBモデルが10,800円、16GBモデルが12,800円となる。