Wi-Fi環境のみでドコモのスマートフォンを運用した時の維持費

NTTドコモにて、1台持ちを前提に、Wi-Fiでの接続環境でスマートフォンを運用した時の維持費を計算してみた。

<docomo>

1.基本プラン (2年契約が前提)

α.タイプSS バリュー

基本料金: 980円/月 (最大1,050円分の無料通話込み、「ファミ割MAX50」または「ひとりでも割50」適用時)
通話料: 家族間 無料 (「ファミ割MAX50」適用時)、それ以外は21円/30秒
SMS送信料: 3.15円/通
WEB機能: なし
データ通信料: なし
Wi-Fi (公衆無線LAN): なし

本体価格 (分割):2,030円 (Xperia arc SO-01C) / 1,540円 (Xperia ray SO-03C) / 1,540円 (FUJITSU F-12C)
ユニバーサルサービス料: 7.35円
eビリング: -100円

2.毎月の支払額 (参考、7円のユニバーサルサービス料を含む)

計算方法 (一括払い):基本料金 (税込)+通話料 (税込)+オプション料 (税込)+ユニバーサルサービス料 (税込)-eビリング (税込)=合計額 (税込)

計算方法 (分割払い):基本料金 (税込)+通話料 (税込)+オプション料 (税込)+端末割賦代 (税込)+ユニバーサルサービス料 (税込)-eビリング (税込)=合計額 (税込)

2年間の合計額 (一括): 21,288円 (887円) / 21,288円 (887円) / 21,288円 (887円)

2年間の合計額 (分割): 70,008円 (2,917円) / 60,648円 (2,527円) / 60,648円 (2,527円)

スマホの基本プラン以外に、Wi-Fiルータ (日本通信 b-mobile WiFi、LG L-04Cなど)とb-mobileなどの定額で安価なデータ通信プランの契約が必要となる。

個人的には、同じドコモ回線を利用している日本通信 (b-mobile)をオススメする。

1台の端末のみで運用する場合、スマホ本体にはドコモのSIM、Wi-Fiルータには日本通信のSIMを挿す。

スマホで3Gのデータ通信を行う時は、3G回線(通話は除く)を遮断した上で、Wi-Fi経由でネットすることになる。

私自身は、現在メインにドコモ (通話専用)、サブにSBM (通信専用)を利用している。

ただし、データ通信を行うときは、SBMの回線を使わずにb-mobileのSIMをWi-Fiルータに入れて運用している。