iPhoneを上手く使いこなそう-留守番電話(無料)に注意-

iPhone (SoftBank Mobile)の留守番電話サービス「留守番電話(無料)」は、ホワイトプラン(i)の場合、通話料がかかるので注意が必要だ。

メインメニューまでは通話料がかからないが、メニュー番号を選択してからは、21円/30秒かかる。

電話アイコンの右上に「」が表示されているのは、気になって仕方がない。

けれども、48時間経てば自動でメッセージが消去されるので表示されなくなる。

もしiPhoneを通信メインに使っているのであれば、これを機に留守番電話機能をOFFにして、留守の伝言を残せないようにするのもありかもしれない。

設定方法だが、設定>電話>ソフトバンクモバイルサービスで「留守番電話OFF」をクリックすると『削除を設定しました 音声 自動電話転送 すべての通話』と表示されるので、「了解」をクリックする。

もしiPhone 1台または通話メインで使っていて、かつ普段からよく留守番電話機能を使うのであれば、月々315円の有料留守番電話サービス「留守番電話プラス」をオプション追加したほうが、出費が安く済むかもしれない。

ビジュアルボイスメールで受信できるので、留守電を聞いても、通話ではなく通信パケットとして適用されるからだ。

これまでiPhoneの最低料金となる2,908円で抑えてきた記録が途切れてしまうのかと思ったが、「月月割」の適用額内だったので、継続できてホッとしている。

もし適用されなくても、早めに気づくことが出来たので、3,000円を超えることはなさそうだ。