iOS 7が発表された-iOS最大の変更-

日本時間深夜に行われたWWDC (年次開発者会議)の基調講演にて、モバイルOS「iOS」の新バージョンとなるiOS 7の概要が発表された

対応する機種は、iPhone 4以降、iPad 2以降、iPad mini、第5世代のiPod Touch。

リリース時期は、今秋となっている。

まず、見た目が大きく変わる。フォントは「Helvetica Neue Ultra Light」(らしい)となり、アイコンのデザインは立体感のないシンプルなデザインに変更される。

それ以外の特徴は、以下となっている。

・Control Center 【スワイプアップ】
※ネットワーク設定・画面の明るさ調整・音楽の再生/停止/スキップ・AirDropやAirPlayへの接続・懐中電灯・タイマー・計算機・カメラアプリの起動が可能となる

・Notification Center 【スワイプダウン】
※ロック画面時でも表示可能

・マルチタスキング機能の拡張
※全てのアプリで可能に

・Safari
※新タブビュー・iCloud Keychain (ユーザ名とパスワードを記憶)

・カメラと写真
※ユーザインターフェースの変更と画像の新分類方法の搭載

・iOS in the Car
※車のダッシュボードに表示し、Siriで操作できる (対応車種)

・音楽のストリーミングサービス「iTunes Radio
※広告つき無料サービス、日本でのサービス時期は未定

・Siri
※どの国でも男性と女性の声を選択できるように

・AirDrop
※Mac OS Xのファイル共有機能がiOSでも利用可能に

・Find My iPhone
※Apple IDとパスワードを入力しないとアクティベートできなくなった

Control Centerから音楽の再生や停止ができるようになったのもあり難いが、何よりも純正の懐中電灯が出来てかつ簡単に起動できることは嬉しい。

iTunes Radioでも、Last.fmのように聴いた曲の履歴が残せる模様。

ただ、再生プレーヤーが限られるので、これまで通りLast.fmを使い続けると思う。