iPhone 5sとiPhone 5cのリリースが公式に発表された

本日、Apple iPhone 5siPhone 5cの情報が公式にリリースされた。

今回、iPhoneを取り扱う新たな通信キャリアとして、auとソフトバンク以外に、これまで頑なに拒んできた最大手のNTTドコモが加わった

なお、iPhone 5sはiPhone 5の後継となるハイエンドモデル、iPhone 5cは今回新たに追加された (ミドルレンジ寄りの)ローエンドモデルである。

iPhone 5s

予約できず、店頭で並ぶ必要がある
(ドコモ・au・ソフトバンク)

※ Apple Storeでは、すでに列が形成されている (11日現在)

価格:16GB 199ドル
32GB 299ドル
64GB 399ドル

iPhone 5c

9月13日16時より予約受付、9月20日発売
(ドコモ・au・ソフトバンク)

※ Apple Storeでは、20日の午前8時より販売開始

価格:16GB  99ドル
32GB 199ドル

iPhone 5s・iPhone 5cともに、日本、米国、オーストラリア、カナダ、中国、フランス、ドイツ、香港、プエルトリコ、シンガポール、英国で20日に同時発売される。

□ iPhone 5sの主な特徴 □

・iPhone 5と同様、ボディーの素材はアルミニウム
・上記機種と同様、4インチ (1,136×640 ピクセル)のRetina ディスプレイ
・上記機種と同様、サイズ (123.8x58.6x7.6mm)と重量 (112g)は同じ

・プロセッサはA7 (初の64ビット対応スマートフォン)
・グラフィックはM7モーションコプロセッサ (OpenGL ES 3.0の搭載)

※ iPhone 5と比べて、CPUは40%、グラフィックは56%の向上

・メモリの容量は非公開 (開封されたら判明するだろう…)
・カメラは同じ800万画素だが、開放F値は2.2に変更

※ センサー・画像処理プロセッサ・アプリが改良

・画面下のホームボタンに指紋センサーを内臓 (Touch ID)
・LTEは、プラチナバンドに対応 (ドコモ・au・ソフトバンク)
・待ち受け時間 約250時間、3G通話 10時間、LTE通信 10時間、音楽再生 約40時間
・ボディーカラーは、シルバー・スペースグレイ・ゴールドの3色

□ iPhone 5cの主な特徴 □

・iPhone 5と同様、プロセッサはA6
・上記機種と同様、4インチ (1,136×640 ピクセル)のRetina ディスプレイ
・上記機種と同様、カメラは800万画素 (開放F値は2.4)

・ボディーの素材は、ハードコートポリカーボネート (硬質プラスチック)
・メモリの容量は非公開 (開封されたら判明するだろう…)
・待ち受け時間 約250時間、3G通話 10時間、LTE通信 10時間、音楽再生 約40時間
・本体のサイズは124.4x59.2x8.97mm、重量は132g
・ボディーカラーは5色

※ グリーン、ブルー、イエロー、ピンク、ホワイト

なお、既存の本体に対するiOS 7のアップデートは、9月18日から始まる

※ iPhone 5/4S/4/3GS、iPod touch (5世代)、iPad (2・3・4世代)、iPad mini

9月1日以降にアクティベートした上記の本体は、iPhoto (写真編集 / 450円)・iMovie (動画編集 / 450円)・Pages (ワープロ / 850円)・Numbers (表計算 / 850円)・Keynote (プレゼンテーション / 850円)のダウンロードが無料になる (3,450円相当)。

現在、iPhone 5を使っているが、16GBの記憶容量以外は不満を感じたことがない。

5cの性能でも十分快適に利用できる。

でも、せっかくiPhoneを購入するのであれば、Apple製品の神髄が楽しめる5sの方が良いかな。

私のように、パケット通信料を最小に抑えた、モバイルWi-Fiルータ (またはテザリング)を通じたデータ通信による、iPod touchのような使い方であれば、本体価格の安い5cの方が向いているのかもしれない。

最新機種・性能が欲しい、指紋認証機能が欲しい、iPhoneでゲームを思う存分楽しみたい、きれいに写真や動画を撮りたい、質感にこだわるのであれば5s。

それ以外であれば、サクサク動作するiPhone 5と性能が実質変わらない5cを選べば良いと思う。

※ ケースを装着すれば、質感はそれほど気にならないはず…