デュアリス・SX4・スプラッシュは次期愛車候補になりそうだ

現在乗っているスバル プレオ(TA-RA2)から別のクルマに乗り換えるのはまだ先だが、次の愛車候補を少しだけ考えておくことにした。

※現金払いがポリシーなので、事前に購入資金を貯める必要がある

走りや乗り心地にこだわったモデルに限定すると、選択肢はそこまで多くない。

日本メーカーのモデルの中から狙うのであれば、輸入車のOEM、欧州からの逆輸入車、骨格部分のパーツが欧州メーカーと共通の姉妹車、欧州向けに設計されたクルマのいずれかになる。

例えば、日産 ラフェスタ(初代)とルノー グランセニックは姉妹車であり、ラフェスタにはルノー メガーヌ共通のプラットフォーム同じサスペンション形式(4WDは別)が使われているので、フランス車に近い乗り心地になっている。

その他にも、オペル アギーラはスズキ スプラッシュのOEM、フィアット セディチはスズキ SX4のOEMであり、またスプラッシュ、スズキ バレーノ、トヨタ アベンシス、日産 デュアリスは、それぞれスズキのハンガリーとインド、トヨタ・日産のイギリス工場で作られている。

※デュアリスは、2008年以降のモデルは、生産地がイギリスから日本に変更されている

関連記事:過去に世界戦略車だった中古車はコストパフォーマンスが高い

気になっている乗用車

車種一覧

Mazda アクセラ スポーツ 1.5C

Mazda デミオ 13C

Mazda デミオ 13C

Nissan デュアリス 20G FOUR [逆輸入車]

Nissan ラフェスタ ジョイG

Mitsubishi コルト クールベリー

Mitsubishi コルト ラリーアート バージョンR

Subaru レガシィ B4 2.0i

Suzuki SX4 1.5XG

Suzuki SX4 セダン 1.5G

Suzuki イグニス HYBRID MG

Suzuki スイフト RS

Suzuki スプラッシュ [逆輸入車]

Suzuki バレーノ XS [逆輸入車]

Toyota アベンシス セダン Xi [逆輸入車]

Toyota アベンシス ワゴン Xi [逆輸入車]

スズキ

SX4 (DBA-YB11S)

バッテリーサイズは、46B24R(標準仕様・寒冷地仕様)

タイヤサイズは、205/60R16

※インチダウンすると195/65R15になる

ホイールは、P.C.D 114.3mm、穴数 5、ハブ径 60mm、オフセット +50mm、リム幅 6

ステアリングは、上下調整(チルト)はできるが、前後調整(テレスコピック)はできない

安全装備は、サイドエアバック、リア席3点式シートベルト、リア中央席ヘッドレスト全てOK

※2012年6月モデル以降

排気量は1490cc、シフトは4AT、駆動方式はフルタイム4WDまたはパートタイム4WD

使用燃料は、無鉛レギュラーガソリン

SX4 セダン (DBA-YC11S)

バッテリーサイズは、46B24R(標準仕様・寒冷地仕様)

タイヤサイズは、195/65R15

ホイールは、P.C.D 114.3mm、穴数 5、ハブ径 60mm、オフセット +50mm、リム幅 6

ステアリングは、上下調整(チルト)はできるが、前後調整(テレスコピック)はできない

安全装備は、サイドエアバック、リア席3点式シートベルト、リア中央席ヘッドレスト全てOK

※2012年6月モデル以降

排気量は1490cc、シフトは4AT、駆動方式はFF

使用燃料は、無鉛レギュラーガソリン

イグニス (DAA-FF21S)

バッテリーサイズは、N55(標準仕様・寒冷地仕様)

タイヤサイズは、175/60R16

※インチダウンすると175/65R15になる

ホイールは、P.C.D 100mm、穴数 4、ハブ径 54mm、オフセット +40mm、リム幅 5

ステアリングは、上下調整(チルト)はできるが、前後調整(テレスコピック)はできない

安全装備は、サイドエアバックはオプション、リア席3点式シートベルトとリア中央席3点式シートベルトは標準装備だが、リア中央席ヘッドレストはなし

排気量は1242cc、シフトはCVT、駆動方式はフルタイム4WD

使用燃料は、無鉛レギュラーガソリン

スイフト (DBA-ZD72S)

バッテリーサイズは、46B24L(標準仕様・寒冷地仕様)

タイヤサイズは、185/55R16

※インチダウンすると175/65R15になる

ホイールは、P.C.D 100mm、穴数 4、ハブ径 54mm、オフセット +45mm、リム幅 6

ステアリングは、上下調整(チルト)はもちろん、前後調整(テレスコピック)にも対応している

安全装備は、サイドエアバック、リア席3点式シートベルト、リア中央席ヘッドレスト全てOK

※2013年7月モデル以降

排気量は1242cc、シフトはCVT、駆動方式はフルタイム4WD

使用燃料は、無鉛レギュラーガソリン

スプラッシュ (DBA-XB32S)

バッテリーサイズは、54459(標準仕様・寒冷地仕様)

※ACデルコ LBN1やバルタ Silver Dynamic C6を載せることができる

タイヤサイズは、185/60R15

※インチダウンすると175/70R14になる

ホイールは、P.C.D 100mm、穴数 4、ハブ径 54mm、オフセット +50mm、リム幅 5.5

ステアリングは、上下調整(チルト)はできるが、前後調整(テレスコピック)はできない

安全装備は、サイドエアバック、リア席3点式シートベルト、リア中央席ヘッドレスト全てOK

排気量は1242cc、シフトはCVT、駆動方式はFF

使用燃料は、無鉛レギュラーガソリン

※ただ、バッテリーが国産車(日本車)用ではなく輸入車(欧州車)用、ホイールの固定がナットではなくボルトだった上に、オートウェイでさえも合うホイールを扱ってないのが欠点

バレーノ (DBA-WB32S)

バッテリーサイズは、55B24L(標準仕様・寒冷地仕様)

タイヤサイズは、185/55R16

※インチダウンすると175/65R15になる

ホイールは、P.C.D 100mm、穴数 4、ハブ径 54mm、オフセット +45mm、リム幅 6

ステアリングは、上下調整(チルト)はもちろん、前後調整(テレスコピック)にも対応している

安全装備は、サイドエアバックはオプションもないが、リア中央席3点式シートベルトとリア中央席ヘッドレストは標準装備

排気量は1242cc、シフトはCVT、駆動方式はFF

使用燃料は、無鉛レギュラーガソリン

スバル

レガシィ B4 (CBA-BL5)

バッテリーサイズは、65D23L(標準仕様・寒冷地仕様)

タイヤサイズは、205/55R16

※インチダウンすると195/65R15になる

ホイールは、P.C.D 100mm、穴数 5、ハブ径 56mm、オフセット +55mm、リム幅 6.5

ステアリングは、上下調整(チルト)はできるが、前後調整(テレスコピック)はできない

安全装備は、サイドエアバックはオプションだが、リア中央席3点式シートベルトとリア中央席ヘッドレストは標準装備

排気量は1994cc、シフトは4AT、駆動方式はフルタイム4WD

使用燃料は、レギュラーガソリン

トヨタ

アベンシス セダン (CBA-AZT255)

バッテリーサイズは、56219(標準仕様・寒冷地仕様)

※ACデルコ LN2やバルタ Silver Dynamic D15を載せることができる

タイヤサイズは、205/55R16

ホイールは、P.C.D 100mm、穴数 5、ハブ径 54mm、オフセット +45mm、リム幅 6.5

ステアリングは、上下調整(チルト)はもちろん、前後調整(テレスコピック)にも対応している

安全装備は、サイドエアバック、リア席3点式シートベルト、リア中央席ヘッドレスト全てOK

排気量は1998cc、シフトは4AT、駆動方式はフルタイム4WD

使用燃料は、無鉛レギュラーガソリン

※エンジンパワーが少し物足りない点と、イギリス製で故障しやすいのが欠点

アベンシス ワゴン (CBA-AZT255W)

バッテリーサイズは、56219(標準仕様・寒冷地仕様)

※ACデルコ LN2やバルタ Silver Dynamic D15を載せることができる

タイヤサイズは、205/55R16

ホイールは、P.C.D 100mm、穴数 5、ハブ径 54mm、オフセット +45mm、リム幅 6.5

ステアリングは、上下調整(チルト)はもちろん、前後調整(テレスコピック)にも対応している

安全装備は、サイドエアバック、リア席3点式シートベルト、リア中央席ヘッドレスト全てOK

排気量は1998cc、シフトは4AT、駆動方式はフルタイム4WD

使用燃料は、無鉛レギュラーガソリン

※エンジンパワーが少し物足りない点と、イギリス製で故障しやすいのが欠点

ニッサン

デュアリス (DBA-KNJ10)

バッテリーサイズは、55B24L(標準仕様)または80D23L(寒冷地仕様)

タイヤサイズは、215/60R17

※インチダウンすると215/65R16になる

ホイールは、P.C.D 114.3mm、穴数 5、ハブ径 66mm、オフセット +40mm、リム幅 6.5

ステアリングは、上下調整(チルト)はもちろん、前後調整(テレスコピック)にも対応している

安全装備は、サイドエアバック、リア席3点式シートベルト、リア中央席ヘッドレスト全てOK

※2009年9月モデル以降

排気量は1997cc、シフトはCVT、駆動方式はフルタイム4WD

使用燃料は、無鉛レギュラーガソリン

※エンジンパワーが物足りない点と、2007年製造モデルはイギリス製で故障しやすいのが欠点

ラフェスタ (DBA-NB30)

バッテリーサイズは、 46B24L(標準仕様)または80D23L(寒冷地仕様)

タイヤサイズは、195/60R15

※インチアップすると195/60R16になる

ホイールは、P.C.D 114.3mm、穴数 5、ハブ径 66mm、オフセット +45mm、リム幅 5.5

ステアリングは、上下調整(チルト)はできるが、前後調整(テレスコピック)はできない

安全装備は、サイドエアバックとリア中央席ヘッドレストはないが、リア席3点式シートベルトは標準装備

排気量は1997cc、シフトはCVT、駆動方式はフルタイム4WD

使用燃料は、無鉛レギュラーガソリン

マツダ

アクセラ スポーツ (DBA-BL5FW)

バッテリーサイズは、50D20L(標準仕様)または55D23L(寒冷地仕様)

タイヤサイズは、205/55R16

※インチダウンすると195/65R15になる

ホイールは、P.C.D 114.3mm、穴数 4、ハブ径 67mm、オフセット +50mm、リム幅 6

ステアリングは、上下調整(チルト)はもちろん、前後調整(テレスコピック)にも対応している

安全装備は、サイドエアバックはオプションだが、リア中央席3点式シートベルトとリア中央席ヘッドレストは標準装備

排気量は1498cc、シフトはCVT、駆動方式はFF

使用燃料は、無鉛レギュラーガソリン

デミオ (DBA-DE3AS)

バッテリーサイズは、46B24L(標準仕様)または55D23L(寒冷地仕様)

タイヤサイズは、185/65R15

※インチダウンすると175/65R14になる

ホイールは、P.C.D 100mm、穴数 4、ハブ径 54mm、オフセット +40mm、リム幅 5.5

ステアリングは、上下調整(チルト)はできるが、前後調整(テレスコピック)はできない

安全装備は、サイドエアバックはオプションだが、リア中央席3点式シートベルトとリア中央席ヘッドレストは標準装備

※2012年4月モデル以降

排気量は1348cc、シフトは4AT、駆動方式はフルタイム4WD

使用燃料は、無鉛レギュラーガソリン

デミオ (DBA-DJ3AS)

バッテリーサイズは、Q85(標準仕様・寒冷地仕様)

タイヤサイズは、185/60R16

※インチダウンすると185/65R15になる

ホイールは、P.C.D 100mm、穴数 4、ハブ径 54mm、オフセット +40mm、リム幅 5.5

ステアリングは、上下調整(チルト)はもちろん、前後調整(テレスコピック)にも対応している

安全装備は、サイドエアバックはオプションだが、リア中央席3点式シートベルトとリア中央席ヘッドレストは標準装備

※2012年4月モデル以降

排気量は1298cc、シフトは6AT、駆動方式はフルタイム4WD

使用燃料は、無鉛レギュラーガソリン

三菱自動車

コルト (DBA-Z22A)

バッテリーサイズは、34B19L(標準仕様)または55D23L(寒冷地仕様)

タイヤサイズは、185/55R15

※インチダウンすると175/65R14になる

ホイールは、P.C.D 100mm、穴数 4、ハブ径 56mm、オフセット +46mm、リム幅 6

ステアリングは、上下調整(チルト)はできるが、前後調整(テレスコピック)はできない

安全装備は、サイドエアバックはオプション、リア席3点式シートベルトは標準装備だが、リア中央席3点式シートベルトとリア中央席ヘッドレストはなし

排気量は1332cc、シフトはCVT、駆動方式はフルタイム4WD

使用燃料は、無鉛レギュラーガソリン

コルト ラリーアート バージョンR (CBA-Z27AG)

バッテリーサイズは、34B19L(標準仕様)または55D23L(寒冷地仕様)

タイヤサイズは、205/45R16

※インチダウンすると195/55R15になる

ホイールは、P.C.D 114.3mm、穴数 4、ハブ径 67mm、オフセット +43mm、リム幅 6.5

ステアリングは、上下調整(チルト)はできるが、前後調整(テレスコピック)はできない

安全装備は、サイドエアバックはオプション、リア席3点式シートベルトは標準装備だが、リア中央席3点式シートベルトとリア中央席ヘッドレストはなし

排気量は1468cc、シフトはCVT、駆動方式はFF

使用燃料は、プレミアムガソリン

※ただ、ホイールの仕様であるP.C.D 114.3mm、穴数 4、ハブ径 67mmは、現在入手が難しいし、オートウェイでは合うホイールを扱ってない上に、社外ホイールの価格も高いのが欠点

逆輸入車であればスズキ スプラッシュかトヨタ アベンシス、装備であればスズキ SX4かニッサン デュアリス、DIY重視であればスズキ スイフト、マツダ アクセラ スポーツ、コルト ラリーアート バージョンR、セダンであればスズキ SX4 セダンかスバル レガシィ B4になる。

最近、現在乗っているスバル プレオのバッテリーとスタッドレスタイヤを新調したばかりなので、少なくともあと1回は車検を通して、3年から4年後に新たな中古車購入を考えている。

※そのままプレオに乗り続けたり、横滑りでマツダ プレマシーに乗る選択肢もある

その時に好みが変わっている可能性はあるかもしれないが、今のところはスズキ スプラッシュ、スズキ SX4、スズキ SX4 セダン、ニッサン デュアリスに乗ってみたいと思っている。

新車を買うのであれば、スズキ イグニス、スズキ バレーノ、マツダ デミオあたりかな。

関連記事:不人気車という隠れた人気カテゴリの世界戦略車は割安2017