Win10(Build1607)プライバシー機能以外のセキュリティ対策1

以前、Windows 10 (Anniversary Update)にて、プライバシー機能必要最小限で設定して、情報漏洩や情報取集されることを防止する方法を記した。

しかし、Windows 10 (ビルド 1607)のプライバシー機能のうち、【設定】>【プライバシー】で設定(制御)可能な機能は、ほんの一部に過ぎない。

そこで、今回は【プライバシー】以外で【設定】にあるプライバシー機能と、【コントロール パネル】から設定できるプライバシー機能について説明していこうと思う。

※後日、ソフトウェア(アプリ)ごとのプライバシー機能の設定方法について説明しようと思う

関連記事:Win10(Build1607)プライバシー機能以外のセキュリティ対策2

設定】は、システム・デバイス・ネットワークとインターネット・個人用設定アカウント時刻と言語更新とセキュリティ、【コントロール パネル】はエクスプローラーのオプションシステムセキュリティとメンテナンス管理ツール・既定のプログラム・言語・資格情報マネージャー・赤外線・電源オプションで設定できる。

関連記事:Windows 10 Anniversary Updateでプライバシー機能を設定する

設定

システム

通知とアクション

スタート】>【設定

システム】>【通知とアクション

通知

アプリやその他の送信者からの通知を取得する

オフ

ロック画面に通知を表示する

オフ

ロック画面にアラーム、リマインダー、VoIP の着信を表示する

オフ

画面を複製しているときに通知を非表示にする

オフ

Windowsを使用するためのヒントやおすすめの方法を取得

オフ

これらの送信者からの通知を取得する

Cortana

オフ

Realtek HD オーディオマネージャ

※オーディオデバイス

オフ

Skype プレビュー ※パソコンによっては表示されないことがある

オフ

ストア ※パソコンによっては表示されないことがある

オフ

セキュリティとメンテナンス

オフ

自動再生

オフ】 ※利便性が損なわれないよう、【オン】にしている

オフライン マップ

スタート】>【設定

システム】>【オフライン マップ

マップ

すべての地図を削除】をクリックする

ダウンロードした地図をすべて削除すると、オフラインのときに地図を使えなくなります(オンライン中は使用できます)。

すべて削除】をクリックする

従量制課金接続

オフ

マップの更新

オフ

Web サイト用のアプリ

スタート】>【設定

システム】>【Web サイト用のアプリ

アプリを Web サイトに関連付ける

Groove ミュージック

オフ

フィードバック Hub

オフ

デバイス

プリンターとスキャナー

スタート】>【設定

デバイス】>【プリンターとスキャナー

従量制課金接続でのダウンロード

オフ

接続中のデバイス

スタート】>【設定

デバイス】>【接続中のデバイス

従量制課金接続でのダウンロード

オフ

ネットワークとインターネット

Wi-Fi

スタート】>【設定

ネットワークとインターネット】>【Wi-Fi

Wi-Fi センサー

推奨されたオープン ホットスポットに接続する

オフ

Hotspot 2.0 ネットワーク

接続するためにオンライン サインアップを使う

オフ

有料 Wi-Fi サービス

外出中に Wi-Fi を購入してオンラインに接続します。

オフ

VPN

スタート】>【設定

ネットワークとインターネット】>【VPN

詳細オプション

従量制課金接続経由での VPN を許可

オフ

ローミング中の VPN を許可

オフ

モバイル ホットスポット

スタート】>【設定

ネットワークとインターネット】>【モバイル ホットスポット

モバイル ホットスポット

インターネット接続を他のデバイスと共有します

オフ

リモートで有効にします

別のデバイスがモバイル ホットスポットをオンにすることを許可します。

オフ

個人用設定

背景

スタート】>【設定

個人用設定】>【背景

背景

画像】または【単色】を選択する

ロック画面

スタート】>【設定

個人用設定】>【ロック画面

背景

画像】を選択する

Windows と Cortana に関するトリビアやヒントなどの情報をロック画面に表示する

オフ

ロック画面

スクリーン セーバー設定】をクリックする

スクリーン セーバー設定

】再開時にログオン画面に戻る

OK】をクリックする

スタート

スタート】>【設定

個人用設定】>【スタート

タイル数を増やす

オフ

ときどきスタート画面におすすめを表示する

オフ

よく使われるアプリを表示する

オフ】 ※利便性が損なわれないよう、【オン】にしている

最近追加したアプリを表示する

オフ】 ※利便性が損なわれないよう、【オン】にしている

全画面表示のスタート画面を使う

オフ

スタート画面またはタスク バーのジャンプ リストに最近開いた項目を表示する

オフ

アカウント

サインイン オプション

スタート】>【設定

アカウント】>【サインイン オプション

プライバシー

アカウントの詳細 (電子メール アドレスなど)をサインイン画面に表示する

オフ

設定の同期

スタート】>【設定

アカウント】>【設定の同期

設定の同期

同期の設定

オフ

個別の同期設定

テーマ

オフ

Internet Explorer の設定

オフ

パスワード

オフ

言語設定

オフ

簡単操作

オフ

その他の Windows の設定

オフ

時刻と言語

地域と言語

スタート】>【設定

時刻と言語】>【地域と言語

言語

日本語

日本語】をクリックする

オプション】をクリックする

日本語

キーボード

Microsoft IME】をクリックする

オプション】をクリックする

Microsoft IME

学習

入力履歴の削除】をクリックする

オフ

クラウド候補

オフ】を選択する

更新とセキュリティ

Windows Update

スタート】>【設定

更新とセキュリティ】>【Windows Update

更新プログラムの設定

詳細オプション】をクリックする

詳細オプション

】Windows の更新時に他の Microsoft 製品の更新プログラムも入手します。

】更新後にサインイン情報を使ってデバイスのセットアップを自動的に完了します。

更新プログラムの提供方法を選ぶ】をクリックする

更新プログラムの提供方法を選ぶ

複数の場所から更新する

オフ

Microsoft から更新プログラムを取得し、更新プログラムを次の場所から取得して次の場所に送信する

】ローカル ネットワーク上の PC

 

Windows Defender

スタート】>【設定

更新とセキュリティ】>【Windows Defender

クラウドベースの保護

オフ

サンプルの自動送信

オフ

開発者向け

リモート デスクトップ

】このコンピューターへのリモート接続を許可するように設定を変更します

コントロールパネル

エクスプローラーのオプション

スタート】を右クリックする

コントロール パネル】>【エクスプローラーのオプション

または

スタート】>【Windows システム ツール

コントロール パネル】>【エクスプローラーのオプション

表示方法

大きいアイコン】または【小さいアイコン】を選択する

コンピューターの設定を調整します

エクスプローラーのオプション】をクリックする

エクスプローラーのオプション

エクスプローラーの履歴を消去する

消去】をクリックする

】最近使ったファイルをクイック アクセスに表示する

】よく使うフォルダーをクイック アクセスに表示する

OK】をクリックする

システム

スタート】を右クリックする

コントロール パネル】>【システム

または

スタート】>【Windows システム ツール

コントロール パネル】>【システム

リモートの設定

システム

リモートの設定】をクリックする

システムのプロパティ

リモート タブ

リモート アシスタンス

】このコンピュータへのリモート アシスタンス接続を許可する

OK】をクリックする

システムの詳細設定

システム

システムの詳細設定】をクリックする

起動と回復

システムのプロパティ

起動と回復

設定】をクリックする

起動と回復

システムとエラー

】システム ログにイベントを書き込む

デバッグ情報の書き込み

なし】を選択する

OK】をクリックする

OK】をクリックする

セキュリティとメンテナンス

スタート】を右クリックする

コントロール パネル】>【セキュリティとメンテナンス

または

スタート】>【Windows システム ツール

コントロール パネル】>【セキュリティとメンテナンス

ユーザー アカウント制御設定の変更

コンピューターに対する変更の通知を受け取るタイミングの選択

常に通知する

 

ー ※利便性が損なわれないよう、【上から2番目】にしている

通知しない

OK】をクリックする

Windows SmartScreen

セキュリティとメンテナンス

Windows SmartScreen 設定の変更】をクリックする

Windows SmartScreen

認知されないアプリをどのように処理しますか?

】何もしない (Windows SmartScreen を無効にする)

※利便性が損なわれないよう、【認知されないアプリを実行する前に警告する】にしている

OK】をクリックする

※設定変更直後に【Windows Smart Screen の有効化】を促すポップアップが表示されるが、無視して構わない

セキュリティ

Windows Smart Screen の有効化 (重要)

Windows Smart Screen に関するメッセージを無効にする】をクリックする

管理ツール

スタート】を右クリックする

コントロール パネル】>【管理ツール

または

スタート】>【Windows システム ツール

コントロール パネル】>【管理ツール

タスク スケジューラ

管理ツール

タスク スケジューラ】をダブルクリックする

※以下の方法でも呼び出せる

スタート】>【Windows 管理ツール】>【タスク スケジューラ

タスク スケジューラ

タスク スケジューラ (ローカル) ※左側のコンソール ツリー

タスク スケジューラ ライブラリの左側にある【】 をクリックする

Microsoftの左側にある【】 をクリックする

Windowsの左側にある【】 をクリックする

AppID】をクリックする

SmartScreenSpecific】を右クリックする ※真ん中に表示される

無効】を選択する

Application Experience】をクリックする

Microsoft Compatibility Appraiser】を右クリックする ※真ん中に表示される

無効】を選択する

ProgramDataUpdater】を右クリックする ※真ん中に表示される

無効】を選択する

Autochk】をクリックする

Proxy】を右クリックする ※真ん中に表示される

無効】を選択する

Customer Experience Improvement Program】をクリックする

Consolidator】を右クリックする ※真ん中に表示される

無効】を選択する

KernelCeipTask】を右クリックする ※真ん中に表示される

無効】を選択する

UsbCeip】を右クリックする ※真ん中に表示される

無効】を選択する

DiskDiagnostic】をクリックする

Microsoft-Windows-DiskDiagnosticDataCollector】を右クリックする ※真ん中に表示される

無効】を選択する

Location】をクリックする

Notifications】を右クリックする ※真ん中に表示される

無効】を選択する

WindowsActionDialog】を右クリックする ※真ん中に表示される

無効】を選択する

既定のプログラム

スタート】を右クリックする

コントロール パネル】>【既定のプログラム

または

スタート】>【Windows システム ツール

コントロール パネル】>【既定のプログラム

プログラムのアクセスと コンピューターの既定の設定

構成を選択してください

】カスタム

カスタムの右側にある【下二重矢印】をクリックする

※適当に設定する

OK】をクリックする

言語

スタート】を右クリックする

コントロール パネル】>【言語

または

スタート】>【Windows システム ツール

コントロール パネル】>【言語

Microsoft IME

言語の設定の変更

日本語

オプション】をクリックする

日本語

入力方式

Microsoft IME

オプション】をクリックする

Microsoft IME の設定

予測入力

】入力履歴を使用する

誤変換

】誤変換データを自動的に送信する

詳細設定】をクリックする

予測入力

Microsoft IME の詳細設定

予測入力 タブ

設定

入力履歴の消去】をクリックする

この機能を実行すると、今までの入力履歴がすべて消去されます。実行しますか?

はい】をクリックする

】予測入力を使用する

】入力履歴のデータを使用する

】システム辞書のデータを使用する

】入力履歴のデータを使用する

OK】をクリックする

プライバシー

Microsoft IME の詳細設定

プライバシー タブ

学習

学習情報の消去】をクリックする

学習情報の消去

この機能を実行すると、今までの学習情報がすべて消去されます。実行しますか?

はい】をクリックする

】学習情報をファイルに保存する

予測入力

この機能を実行すると、今までの入力履歴がすべて消去されます。実行しますか?

はい】をクリックする

】入力履歴のデータを使用する

誤変換

【詳細設定】をクリックする

設定

】誤変換の履歴をファイルに保存する

】学習データを含める

】予測入力データを含める

】誤変換データを自動的に送信する

OK】をクリックする

】誤変換の履歴をファイルに保存する

適用】をクリックする

詳細設定

詳細設定

個人用設定のデータ

】自動学習機能を使用せず、これまでに収集したデータをすべて削除する

保存】をクリックする

資格情報マネージャー

スタート】を右クリックする

コントロール パネル】>【資格情報マネージャー

または

スタート】>【Windows システム ツール

コントロール パネル】>【資格情報マネージャー

資格情報の管理

Web 資格情報

資格情報の管理

Web 資格情報】をクリックする

Web 資格情報

※適当に削除する

削除】をクリックする

Windows 資格情報

資格情報の管理

Windows 資格情報】をクリックする

Windows 資格情報

※適当に削除する

削除】をクリックする

赤外線

スタート】を右クリックする

コントロール パネル】>【赤外線

または

スタート】>【Windows システム ツール

コントロール パネル】>【赤外線

赤外線 タブ

ファイルの転送オプション

】赤外線通信によるファイルの受信を可能にする

適用】をクリックする

イメージの転送 タブ

】デジタル カメラが赤外線を使ってイメージをコンピューターに直接に転送できるようにする

OK】をクリックする

電源オプション

スタート】を右クリックする

コントロール パネル】>【電源オプション

または

スタート】>【Windows システム ツール

コントロール パネル】>【電源オプション

電源オプション

コンピューターがスリープ状態になる時間を変更】をクリックする

プラン設定の変更: バランス

ディスプレイの電源を切る

5分】を選択する

コンピューターがスリープ状態にする

15分】を選択する

変更の保存】をクリックする

関連サイト:Windows 10のプライバシー設定をひもとく (@IT)