国産乗用車モデルの採点基準・配点・上位ランキング一覧2017-コストパフォーマンスが高い自動車の選び方

自動車評価の基準は、セーフティー(安全性)・ドライビング(走行性)・メンテナンスコスト(維持費)の3つの視点から採点している。

これから高齢化社会を迎えるにあたって、自動ブレーキ誤発進の抑制機能は欠かせない。

特に誤発進の抑制機能は、最近高齢ドライバーによる交通事故が発生している理由の1つである、駐車場などでのアクセルとブレーキ踏み間違いの事故防止に役立つ。

最小回転半径は、市街地のように狭い道が多いと、小回りが利くことが大切だし、チルトだけではなくテレスコピック ステアリングが装備されていると、正確かつ楽な体勢で運転できる。

また、排気量と車両重量が少ないと、それぞれ自動車税と自動車重量税の支払いが安く済む。

関連記事:自動ブレーキとSRSカーテンエアバッグ標準装備の乗用車2017

評価項目

セーフティー

衝突被害軽減ブレーキ [自動ブレーキ] (5点)

誤発進の抑制機能 [前] (5点)

誤発進の抑制機能 [後] (5点)

サイドエアバッグ (5点)

カーテンエアバッグ (5点)

ヘッドレストレイント [リア席センターシート] (5点)

ドライビング

過給システム [ターボ・スーパーチャージャー] または クリーンディーゼル  (5点)

最小回転半径 4.9m以下 [軽自動車]・5.3m以下 [小型車・中型車]  (10点)

チルト ステアリング (5点)

テレスコピック ステアリング (5点)

メンテナンスコスト

車両本体価格 120万円以下 [軽自動車]・150万円以下 [小型車]・200万円以下 [SUV・ミニバン・ワゴン・中型車] (5点)

車両重量 1トン以下 [軽自動車・小型車]・1.5トン以下 [SUV・ミニバン・ワゴン・中型車] (5点)

タイヤ サイズ 15インチ以下 [普通自動車]・14インチ以下 [軽自動車] (5点)

動力システム EV・燃料電池・PHV・ハイブリッド (5点)

使用燃料種類 軽油 [ディーゼル] (10点) 無鉛レギュラーガソリン  (5点)

排気量 660cc [軽自動車]・1200cc以下 [小型車]・1500cc以下 [SUV・ミニバン・ワゴン・中型車] (10点)

バッテリー サイズ 40以下 [軽自動車]・60以下 [普通自動車] (5点)

※車両本体価格は300万円以下 (トヨタ ハイエースと日産自動車 NV350 キャラバンを除く)

※車両重量は2トン以下

※OEM供給モデルを除く

※2シーターのスポーツカー、4人または5人乗りでも2ドアのクーペなどの乗用車を除く

※トランスミッションは、AT・CVT・DCT・AMTに限定(オートマチック限定免許で運転可能)

※カスタムやリミテッド モデルなど、特別仕様車を除く

※安全装備は、最も安いベーシックモデル(コアモデル)で標準装備されていることが条件

※最小回転半径・車両重量・車両本体価格・排気量は、モデル内で最も小さな値を採用

※最小回転半径 5.5m以下 [小型車・中型車] (5点)

※排気量 1500cc以下 [小型車]・2000cc以下 [SUV・ミニバン・ワゴン・中型車] (5点)

※ガソリンエンジンとハイブリッドシステムが両方あるときは、安価なガソリンエンジンで採点、ただしメーカーで別のモデルとして扱われているときは、それぞれの動力システムで採点

採点

70点以上

スバル インプレッサ G4・インプレッサ SPORT

スバル インプレッサ G4 1,992,400円

スバル インプレッサ SPORT 1,992,400円

自動ブレーキ 5

誤発進の抑制機能 (前) 5

誤発進の抑制機能 (後) 5

サイドエアバッグ 5

カーテンエアバッグ 5

リア席センターシートのヘッドレスト 5

過給システム 0

最小回転半径 10

チルト ステアリング 5

テレスコピック ステアリング 5

車両本体価格 5

車両重量 5

タイヤ サイズ 0

動力システム 0

使用燃料種類 5

排気量 5

バッテリー サイズ 0

安全性 30点

走行性 20点

維持費 20点

合計 70

マツダ CX-3

マツダ CX-3 2,808,000円

自動ブレーキ 5

誤発進の抑制機能 (前) 0点

誤発進の抑制機能 (後) 0

サイドエアバッグ 5

カーテンエアバッグ 5

リア席センターシートのヘッドレスト 5

過給システム 5

最小回転半径 10

チルト ステアリング 5

テレスコピック ステアリング 5

車両本体価格 0

車両重量 5

タイヤ サイズ 0

動力システム 0

使用燃料種類 10

排気量 10

バッテリー サイズ 0

安全性 20点

走行性 25点

維持費 25点

合計 70

65点以上

スバル XV

スバル XV 2,289,600円

自動ブレーキ 5

誤発進の抑制機能 (前) 5

誤発進の抑制機能 (後) 5

サイドエアバッグ 5

カーテンエアバッグ 5

リア席センターシートのヘッドレスト 5

過給システム 0

最小回転半径 10

チルト ステアリング 5

テレスコピック ステアリング 5

車両本体価格 0

車両重量 5

タイヤ サイズ 0

動力システム 0

使用燃料種類 5

排気量 5

バッテリー サイズ 0

安全性 30点

走行性 20点

維持費 15点

合計 65 点

トヨタ C-HR

トヨタ C-HR 2,516,400円

自動ブレーキ 5

誤発進の抑制機能 (前) 0

誤発進の抑制機能 (後) 0

サイドエアバッグ 5

カーテンエアバッグ 5

リア席センターシートのヘッドレスト 5

過給システム 5

最小回転半径 10

チルト ステアリング 5

テレスコピック ステアリング 5

車両本体価格 0

車両重量 5

タイヤ サイズ 0

動力システム 0

使用燃料種類 5

排気量 10

バッテリー サイズ 0

安全性 20点

走行性 25点

維持費 20点

合計 65 点

60点以上

スバル XV ハイブリッド

スバル XV ハイブリッド 2,570,400円

自動ブレーキ 5

誤発進の抑制機能 (前) 5

誤発進の抑制機能 (後) 0

サイドエアバッグ 5

カーテンエアバッグ 5

リア席センターシートのヘッドレスト 5

過給システム 0

最小回転半径 10

チルト ステアリング 5

テレスコピック ステアリング 5

車両本体価格 0

車両重量 0

タイヤ サイズ 0

動力システム 5

使用燃料種類 5

排気量 5

バッテリー サイズ 0

安全性 25点

走行性 20点

維持費 15点

合計 60

スバル フォレスター

スバル フォレスター 2,149,200円

自動ブレーキ 5

誤発進の抑制機能 (前) 5

誤発進の抑制機能 (後) 0

サイドエアバッグ 5

カーテンエアバッグ 5

リア席センターシートのヘッドレスト 5

過給システム 0

最小回転半径 10

チルト ステアリング 5

テレスコピック ステアリング 5

車両本体価格 0

車両重量 5

タイヤ サイズ 0

動力システム 0

使用燃料種類 5

排気量 5

バッテリー サイズ 0

安全性 25点

走行性 20点

維持費 15点

合計 60

スバル レヴォーグ

スバル レヴォーグ 2,775,600円

自動ブレーキ 5

誤発進の抑制機能 (前) 5

誤発進の抑制機能 (後) 5

サイドエアバッグ 5

カーテンエアバッグ 5

リア席センターシートのヘッドレスト 5

過給システム 5

最小回転半径 5

チルト ステアリング 5

テレスコピック ステアリング 5

車両本体価格 0

車両重量 0

タイヤ サイズ 0

動力システム 0

使用燃料種類 5

排気量 5

バッテリー サイズ 0

安全性 30点

走行性 20点

維持費 10点

合計 60

トヨタ カローラ フィールダー

トヨタ カローラ フィールダー 1,625,891円

自動ブレーキ 0

誤発進の抑制機能 (前) 0

誤発進の抑制機能 (後) 0

サイドエアバッグ 5

カーテンエアバッグ 5

リア席センターシートのヘッドレスト 5

過給システム 0

最小回転半径 10

チルト ステアリング 5

テレスコピック ステアリング 5

車両本体価格 0

車両重量 5

タイヤ サイズ 5

動力システム 0

使用燃料種類 5

排気量 10

バッテリー サイズ 0

安全性 15点

走行性 20点

維持費 25点

合計 60

ホンダ シャトル

ホンダ シャトル 1,695,000円

自動ブレーキ 0

誤発進の抑制機能 (前) 0

誤発進の抑制機能 (後) 0

サイドエアバッグ 0

カーテンエアバッグ 0

リア席センターシートのヘッドレスト 5

過給システム 0

最小回転半径 10

チルト ステアリング 5

テレスコピック ステアリング 5

車両本体価格 5

車両重量 5

タイヤ サイズ 5

動力システム 0

使用燃料種類 5

排気量 10

バッテリー サイズ 5

安全性 5点

走行性 20点

維持費 35点

合計 60

ホンダ フリード

ホンダ フリード 1,880,000円

自動ブレーキ 0

誤発進の抑制機能 (前) 0

誤発進の抑制機能 (後) 0

サイドエアバッグ 0

カーテンエアバッグ 0

リア席センターシートのヘッドレスト 5

過給システム 0

最小回転半径 10

チルト ステアリング 5

テレスコピック ステアリング 5

車両本体価格 5

車両重量 5

タイヤ サイズ 5

動力システム 0

使用燃料種類 5

排気量 10

バッテリー サイズ 5

安全性 5点

走行性 20点

維持費 35点

合計 60

55点以上

スズキ イグニス 1,382,400円~ 【安全性 0点 走行性 20点 維持費 30点

スズキ スイフト 1,343,520円~ 【安全性 5点 走行性 20点 維持費 30点

スズキ バレーノ 1,414,800円~ 【安全性 10点 走行性 20点 維持費 25点

ダイハツ ブーン 1,150,200円~ 【安全性 5点 走行性 15点 維持費 35点

トヨタ ヴィッツ 1,181,520円~ 【安全性 5点 走行性 15点 維持費 35点

トヨタ ウィッシュ 1,905,709円~ 【安全性 5点 走行性 20点 維持費 30点

ニッサン シルフィ 1,992,600円~ 【安全性 0点 走行性 20点 維持費 30点

ニッサン ティアナ 2,563,920円~ 【安全性 30点 走行性 15点 維持費 10点

ホンダ ヴェゼル 1,920,000円~ 【安全性 5点 走行性 20点 維持費 30点

マツダ アクセラ ハイブリッド 2,473,200円~ 【安全性 25点 走行性 15点 維持費 15点

50点以上

ダイハツ トール 1,463,400円~ 【安全性 5点 走行性 15点 維持費 30点

トヨタ アイシス 1,990,145円~ 【安全性 5点 走行性 15点 維持費 30点

トヨタ ハリアー 2,797,714円~ 【安全性 15点 走行性 20点 維持費 15点

トヨタ マーク X 2,656,800円~ 【安全性 20点 走行性 20点 維持費 10点

トヨタ プリウスα 2,479,091円~ 【安全性 15点 走行性 15点 維持費 20点

ニッサン ウィングロード 1,782,000円~ 【安全性 0点 走行性 15点 維持費 35点

ホンダ ジェイド 2,530,000円~ 【安全性 15点 走行性 20点 維持費 15点

マツダ CX-5 2,462,400円~ 【安全性 25点 走行性 15点 維持費 10点

マツダ アテンザ セダン 2,764,800円~ 【安全性 20点 走行性 15点 維持費 15点

マツダ アテンザ ワゴン 2,764,800円~ 【安全性 25点 走行性 15点 維持費 15点

マツダ プレマシー 2,008,800円~ 【安全性 5点 走行性 20点 維持費 25点

ミツビシ ミラージュ 1,380,240円~ 【安全性 10点 走行性 15点 維持費 25点

事前に考えていた通り、安全性に力を入れているスバルの乗用車が高得点だった。

しかし、トヨタ カローラ フィールダーがこの位置に来るとは思っていなかった。

なお、ホンダ シャトルフリードは、予想通りランキング上位におさまった。

カローラ フィールダーについて、簡単に説明。

コアモデルが162万円とワゴンタイプでは割安ながら、安全装備がフロント エアバッグだけではなく、サイドエアバッグカーテンエアバッグまで標準装備。

この価格帯のクルマで、デフォルトで安全装備に力を入れている乗用車は他に見当たらない。

最小回転半径も4.9mとかなり小さく、テレスコピック ステアリングも標準装備。

自動ブレーキも、54,000円ほど高くなってしまうが、Toyota Safety Sense Cで追加できる。

小回りが利くし、荷物も積めるし、意外とコストパフォーマンスが高い乗用車かもしれない。

メーカーやモデルにこだわりのない人は、カローラ フィールダーで十分満足できるはずだ。

走りと安全性を両立したい人は、インプレッサ G4インプレッサ SPORT

ミニバンはフリードかマツダ プレマシー、SUVはかホンダ ヴェゼルかトヨタ C-HR

走りにこだわりがある人であれば、CVTでも構わない人はスズキ スイフトATが良い人は(ここでは登場していないが)マツダ デミオをオススメする。

関連記事:テレスコピック標準装備ドライビング小回り重視の乗用車2017