2020年まで自動ブレーキ+誤発進抑制機能が標準装備なるか!?

国土交通省は、「高齢運転者事故防止対策プログラム」に基づき、2020年までに先進安全技術 (自動ブレーキペダル踏み間違い時加速抑制装置)を標準装備またはオプション設定される見通しであることを明らかにした。

※「ペダル踏み間違い時加速抑制装置」とは、誤発進の抑制機能のことを指す

上記プログラムの中には、自動ブレーキの性能向上も含まれていて、現在の運転支援システムでは最新モデルの一部しか対応していない歩行者検知機能標準化するよう推進されている。

※ミリ波レーダーとレーザーレーダー方式(カメラなし)は、歩行者検知機能に対応していない

関連サイト:自動ブレーキとペダル踏み間違い時加速抑制装置、2020年までに新車乗用車に装備 (レスポンス)

運転支援システムは、デュアル センサー ブレーキ サポート (スズキ)、アイサイト (スバル)、スマート アシスト (ダイハツ)、Toyota Safety Sense (トヨタ)、エマージェンシー ブレーキ パッケージ (ニッサン)、ホンダ センシング (ホンダ)、i-ACTIVSENSE (マツダ)、e-Assist (ミツビシ)などが日本の各自動車メーカーから出ている。

なお、自動ブレーキ+誤発進の抑制機能対応の運転支援システムは、すでに幾つか存在する。

関連記事:自動ブレーキ・SRSカーテンエアバッグ標準装備の乗用車2017

運転支援システム

見方

自動ブレーキシステム [歩行者対応] (自動車メーカー)

誤発進の抑制機能システム [(前進)(後退)対応] (自動車メーカー)

赤太字は対応しているシステム

条件

車両本体価格300万円以下で販売されているモデルに標準装備またはオプション設定されている運転支援システム

国内自動車メーカー

自動ブレーキ (歩行者対応)

自動車メーカー 自動ブレーキシステム 検知対象
自動車 歩行者
スズキ デュアルセンサーブレーキサポート
レーダーブレーキサポート II ×
レーダーブレーキサポート ×
スバル プリクラッシュブレーキ (アイサイト ver.3)
プリクラッシュブレーキ (アイサイト ver.2)
ダイハツ スマートアシスト III
スマートアシスト II
スマートアシスト ×
トヨタ プリクラッシュセーフティシステム (Toyota Safety Sense P)
プリクラッシュセーフティシステム (Toyota Safety Sense C) ×
プリクラッシュ セーフティ システム (ハリアー・プリウスα) ×
ニッサン インテリジェント エマージェンシー ブレーキ
エマージェンシー ブレーキ
ホンダ 衝突軽減ブレーキ
シティブレーキ アクティブ システム (ホンダ センシング) ×
マツダ アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート
ミツビシ 衝突被害軽減ブレーキシステム
低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム ×

ペダル踏み間違い時加速抑制装置 (前進・後退)

自動車メーカー AT誤発進抑制システム 対応
前進 後退
スズキ 誤発進抑制機能 ×
スバル AT誤発進抑制制御&AT誤後進抑制制御 (アイサイト Ver.3)
AT誤発進抑制制御 (アイサイト Ver.2) ×
ダイハツ 誤発進抑制制御機能
トヨタ インテリジェント クリアランス ソナー (ハリアー・プリウス)
ニッサン 踏み間違い衝突防止アシスト
ホンダ 誤発進抑制機能 ×
マツダ AT誤発進抑制制御
ミツビシ 誤発進抑制機能(前進&後進時)
誤発進抑制機能(前進時) [軽自動車] ×

海外自動車メーカー

自動ブレーキ (歩行者対応)

自動車メーカー 自動ブレーキシステム 検知対象
自動車 歩行者
アウディ アウディ プレセンス フロント ×
ジープ 前面衝突警報(クラッシュミティゲーション付) ×
シトロエン ブレーキ アシスト システム ×
フィアット 前面衝突警報(クラッシュミティゲーション付) ×
シティブレーキコントロール ×
フォルクスワーゲン プリクラッシュブレーキシステム (Front Assist)
プジョー アクティブシティブレーキ ×
BMW ミニ ドライビング アシスト ×

ペダル踏み間違い時加速抑制装置 (前進・後退)

該当車種なし

トヨタの運転支援システムは、少し分かりにくい。

例えば、同じToyota Safety Sense Pでも、プリウスインテリジェント クリアランス ソナー (誤発進抑制)に対応しているのに、マーク Xはドライブ スタート コントロールのみ対応。

同じ名称でも、発売された時期又はモデルチェンジした時期で機能が異なるのかもしれない。

なお、その他のメーカーは、バージョンセグメント(車格)によって対応する機能が異なる。

※ミツビシは、同じe-Assistという名称でも、普通自動車と軽自動車でシステム内容が違う

新車であれば、エコカー減税と同様、購入時に安全装備(運転支援システム)に対して自動車税(または軽自動車税)の減税措置を行うか、支払総額に応じて一定額を割り引く方法がある。

※例えば、セーフティー車に対してセーフポイントが取得でき、指定商品と交換できるまたはポイントを元手に購入できるようにすれば、少しは内需の拡大にもつながるかもしれない

また、後付けの運転支援システムであれば、ETCのように購入助成制度を設ければ、既存の自動車(現在は運転支援システムと縁のない軽トラックを含む)でも早期に普及する気がする。

関連記事:自動ブレーキ・カーテンエアバッグオプション装備乗用車2017