SS – Side Story –

私自身、SS(Side Story)を読むことが大好きだ。

まんがやアニメを見たり、ゲームをプレイする前にSSを読んで、SSから原作に入っていくことも多い。

また、原作がそれほど好きでなくても、SSの方は好きである場合も多々ある。

外出時の電車内にて、音楽を低めの音量で掛けながら、小説の代わりに読むこともある。

原作の設定や世界観を大切にしている、オリジナルキャラクターがメインではない、読んでいて心温まるSSが好きである。

基本的に、ハッピーエンドの方が好みなので、シリアスな内容は読む前に躊躇してしまうことがある。

それと、誤字脱字が多い筆者の作品も、よほど気に入らない限り、次からは見なくなることが多い。

特に思い入れのあるキャラクターだと、脳内でまるでそのセリフを声優が話しているかのように変換して読んでいる(いわゆる、脳内変換!)

最近だと、魔法少女リリカルなのはのSSでよくやっているかな(笑)

ただし、私自身、文筆の才能がないことや創造力が欠けていることを自覚しているので、SSを書こうと考えたことはない。