Vista Home PremiumからWindows Xp変更後のSZ93Sの環境設定

先日、Sony VGN-SZ93S(VAIOオーナーメードモデル)のOSをMicrosoft Xp Professional Editionへと変更した。

これまでは、2007年5月に購入した時から先日までプリインストールされていたVista Home Premium Editionで頑張っていた。

けれども、Google ChromeOperaブラウザを同時に立ち上げた状態でワンセグを起動すると、動作がもっさりしてしまう。

ひどい時は、システムがフリーズして強制電源OFFをしなくてはならない時も出てきた。

さすがに、この状況に耐えられなくなったので、OSの変更を考えることにした。

入れ替えるOSの候補として、Linux(Ubuntu DesktopVine LinuxBerry Linuxなど)にしようと思った時期もあった。

実際にいくつかのディストリビューションを試したが、無線LAN(3945ABG)の認識などがネックとなった。

結局、最終的に一番無難なOSであるWindows Xpに落ち着いた。

ただ、初めにダウンロードした「SZ4_Drivers.zip」と「SZ4_Utilities.zip」は、SZ93では使えなかった。

おそらくVGN-SZ94用であろう。

その後、1つ前のバージョンとなる「SZ3_Drivers.zip」と「SZ3_Utilities.zip」をDLしたら、不明になっていたデバイスを正常に認識することができた。

なお、必要なファイルや使用するドライバについては、以前の記事を参照ください。

≪すべてのプログラム≫

1.スタートアップ

桜時計

≪タスクバーと[スタート]メニュー≫

1.[スタート]メニューのカスタマイズ(全般タブ)

・アイコンサイズ 小さいアイコン

・[スタート]メニューに表示するプログラム数 (0)

・[スタート]メニューでの表示

a.インターネット (Google Chrome)

b.電子メール: なし

2.[スタート]メニューのカスタマイズ(詳細設定タブ)

・[スタート]メニューの設定

マウスを置いたときにサブメニューを開く

・[スタート]メニュー項目

[スタート]メニューに項目をドラッグ/ドロップできるようにする

[ファイル名を指定して実行]コマンド

コントロールパネル (リンクとして表示する)

システム管理ツール ([すべてのプログラム]メニューに表示する)

ネットワーク接続 ([接続]メニューとして表示する)

プリンタとFAX

マイコンピュータ (リンクとして表示する)

マイドキュメント (リンクとして表示する)

マイピクチャ (この項目を表示しない)

マイミュージック (リンクとして表示する)

検索

・最近使ったファイル

なし

3.タスクバー

.タスクバーのデザイン

タスクバーを固定する

タスクバーをほかのウィンドウの手前に表示する

クイック起動を表示する

・通知領域

時計を表示する

≪画面≫

1.テーマ (Windowsクラシック (変更済み))

2.デスクトップ (なし)

3.スクリーンセーバー (なし)

4.デザイン

・ウィンドウとボタン (Windows クラシック スタイル)

・配色 (Windows スタンダード)

・フォントサイズ (標準)

・効果

次の方法でスクリーンフォントの縁を滑らかにする (Clear Type)

・デザインの詳細

フォント (メイリオ)

≪サウンドとオーディオデバイス≫

1.サウンド

・サウンド設定

なし

・プログラムイベント

なし

≪マウス≫

1.ポインタ タブ

・デザイン (Windows 黒 (システム設定))

2.システムの復元

システムの復元を無効にする (チェックなし)

ディスク領域の使用 1パーセント

≪フォント≫

1.フォントを追加

Apple osaka_unicode (TrueType)

Osaka & Osaka-等幅 & Osaka-UI (TrueType)

SH G30-M & SH G30-P (TrueType)

メイリオ & メイリオ イタリック (TrueType)

メイリオ ボールド & メイリオ ボールド イタリック (TrueType)

小塚明朝 Pr6N R Regular (OpenType)

小塚明朝 Pro-VI R Regular (OpenType)

≪プログラムの追加と削除≫

1.Windowsコンポーネント

・Internet Explorer

・アクセサリとユーリティリティ (アクセサリ)

クリップボード ビューア

ペイント

マウスポインタ

電卓

文字コード表

・ネットワークサービス

インターネットゲートウェイデバイスの検出とクライアントの制御

・ルート証明書の更新

≪システム≫

1.パフォーマンス(詳細設定タブ)

・視覚効果 (カスタム)

スクリーンフォントの縁を滑らかにする

フォルダでよく使用するタスクを使用する

リストボックスを滑らかにスクロールする

・プロセッサのスケジュール (プログラム)

・メモリ使用量 (システム キャッシュ)

・仮想メモリ

選択したドライブのページングファイルサイズ (カスタム サイズ)

初期サイズ 2046MB

最大サイズ 4096MB

・起動と回復 (起動システム (編集) )

~/noexecute=optin /noguiboot (起動画面なし)

~/noexecute=optin /fastdetect (起動画面あり)

≪WMIコントロール≫

1.ログの収集

・ログレベル (無効)

≪FNTCACHE.DAT≫

読み取り専用に設定

≪システム構成≫

1.サービス(msconfig)

・無効に設定

Application Layer Gateway Service

Distribute Link Tracking Client

Error Reporting Service

Help and Support

Indexing Service

Netlogon

NetMeeting Remote Desktop Sharing

Performance Logs and Alerts

QoS RSVP

Remote Access Auto Connection Manager

Remote Access Connection Manager

Remote Desktop Help Session Manager

Smart Card

TCP/IP NetBIOS Helper

Terminal Services

Themes

Uninterruptible Power Supply

Universal Plug and Play Device Host

Windows Time

Workstation

≪レジストリ≫

1.レジストリの変更(regedit)

・メモリ 《MemoryManagement》

DisablePagingExective (16進数 / 1)

IOPageLookLimit (10進数 / 2097152) 【2GBの場合 1x1024x1024x2】

ClearPageFileShutdown (16進数 / 1)

・インターネット接続 《Internet Settings》

MaxConnectionsPer1_0Server (10進数 / 16)

MaxConnectionsPerServer (10進数 / 16)

・[スタート]メニュー 《Desktop》

MenuShowDelay (10進数 / 48)

・ファイル 《FileSystem》

NtfsDisableLastAccessUpdate (16進数 / 1)

・Windows MessengerとOutlook Express 《Outlook Express》

Hide Messenger (16進数 / 2)

・ワトソン博士 《AeDebug》

Auto (16進数 / 0)

・DLLファイルのメモリ解放 《Explorer》

AlwaysUnloadDLL (16進数 / 1)

・CPUの二次キャッシュ 《MemoryManagement》

SecondLevelDataCache (10進数 / 4096)

≪マシン環境≫

model:Sony VGN-SZ93S

cpu:Intel Core 2 Duo T7200

ram:2GB

chipset:Intel 945GM Express

hdd:Samsung HM160JI

graphic:Intel Graphics Media Accelerator 950

sound:SigmaTel High Definition Audio CODEC

ethernet:Marvell Yukon 88E8036 PCI-E Fast Ethernet Controller

wireless:Intel PRO/Wireless 3945ABG Network Connection