「ラブひな」が全巻無料公開される!?

週刊少年マガジンに1998年から2001年まで連載され、2000年にはアニメ化もされた「ラブひな」。

11月26日にオープンする「Jコミ」(絶版マンガの図書館)で全巻無料公開される

今回の全巻無料公開は、赤松氏が開始するビジネス(絶版漫画を無料配信し、表示される広告の収益を作者に還元する)の配信実験の一環。

運営会社の社長は、赤松健氏が務める模様。

これはなかなか面白そうな取り組みだ。

読者はもちろん、作者にも良い点がある。

本や雑誌の売り上げ減により、不景気となった出版業界。

読者側は、出版社の倒産や在庫を極力持たない風潮がある中でも、中古書店でさえ手に入りにくい絶版の漫画本を気軽に読めるようになる。

一方、作者側は、過去の作品が再びお金を生み出したり、作品が見直されて第二・第三のブームを起こす可能性を秘めている。

それ以外にも、そこで公開される作品が増えていけば、こういった利用の方法も考えられる。

長い間読まなくて中古の本屋に一度売ってしまった作品でも、ふと読みたくなった時も再度読むことが可能となる。

また、引越した時にいちいちまんが本を持ち歩かず、実家や自宅に置いておける。

断捨離したい方には、優先順位の低い漫画作品(「モノ」)が減らせる意味では良いのかも。ただ、まんがを紙で読みたい人も多くいるだろうから、中古書店がなくなるとは思わないが…。

むしろ、逆にこれまで部屋で埋もれていた漫画本が市場に出回るようになるので、中古市場がより活発化するかもしれない。

紙の状態で手に入れたいと思っている方にも、作品が安く入手できるチャンスがめぐって来たように思える。