トラウマになるほど怖かったドラクエの名場面

ガジェット通信にて、ドラゴンクエストシリーズでトラウマになる名場面の特集記事があった。

私の場合、データ消滅 (ファミコン版のドラクエIII)が最もトラウマになった。しかも、セーブデータが1つ消えるくらいならまだしも、3つとも全て消えた時は頭が真っ白になってしまった。

復活の呪文をミスった時は、もう一度ウチ直せば済むからまだ良いが、同じ復活の呪文を3つ書き写しておいた(ファミコン版のドラクエII)にもかかわらず、そのどれもが当てはまらなかった時もかなり凹んだ。

ドラクエシリーズ以外では、FF外伝 聖剣伝説 (ゲームボーイの初代版)で、最後にヒロインの母から話を聞いて、その後にヒロインがマナの木になることを決めて別れてしまうシーンが大きなトラウマとして残っている。

それ以外にも、アマンダが戦闘中メデューサに噛まれてしまって、戦闘後にヒーローが(アマンダの最後のお願いとは言え)自身の手で彼女を殺さなければならなくなった場面もトラウマになっている。今その場面を思い出しても、気持ちがとても切なくなる。