軽自動車と普通自動車の新車の中から条件に当てはまるモデル選び

以前のブログ記事で、軽自動車の購入を考えていると記したが、私自身が買いたい車の条件についてまとめてみた。

関連記事:軽自動車と普通自動車を買う時の大まかな条件を一覧にしてみた

車種を選ぶ時の基準は、以前のブログ記事でも触れたことのある、現在の家の車であるMazda プレマシー(先代モデル)のエクステリア(外観)、インテリア(内装)、走行性能、安全性能、乗り心地などが元になる。

まずは軽自動車(乗用車に限る)。

どうしても譲れないポイントは、150万円以下(車両本体価格)、4AT以上かCVT、インパネシフトかゲート式シフトレバー、スピードメーターが運転席の前にあるかつアナログ式であること(速度計がアナログ式+デジタル表示ならより良い)、トランクの扉が上に開くことなど。

これらの条件になるだけ当てはまる車種を探そう思っている。

それと、シートは固めかつ前部座席がベンチシートでない方が良い。

3ATは、Honda バモス(一部)、Mitsubishi ekワゴン(一部)が当てはまる。

コラムシフトは、Daihatsu ムーヴコンテが該当する。

ただ、同 タントとSuzuki エブリイワゴンのシフトノブの形状は使いにくそうだ。

メーターがセンターにあるのは、Daihatsu ムーヴ、ekワゴン。

トランクが横に開くのは、Daihatsu ムーヴ・テリオスキッド、Suzuki ジムニー、Mitsubishi トッポ・パジェロミニ。

SUVの車種は仕方がないが…。

スピードメーターがデジタル式なのは、Daihatsu ミラ イース、Mitsubishi ekスポーツ。

軽自動車のエクステリア(外観)・インテリア(内装)・性能等で総合判断すると、個人的には、デザインと内装が軽自動車っぽくなくかつ安全性能も高いHondaゼスト、車体を大きく感じさせない可愛いデザインと質感の高い内装のNissan モコ、最も無難なSuzuki ワゴンRの順に選ぶと思う。

次に普通自動車(乗用車に限る)。

どうしても譲れないポイントは、150万円以下(車両本体価格)、インパネシフトかゲート式シフトレバー(マニュアルモードがあるとなお良い)、スピードメーターが運転席の前にあるかつアナログ式であること(速度計がアナログ式+デジタル表示ならより良い)トランクの扉が上に開くこと、前部座席が独立していること、パーキングブレーキがレバー式であること、チルト式ステアリングがついていること。

これらの条件になるだけ当てはまる車種を探そう思っている。

それと、足回りが固く、シートは固めかつ体にフィットし、安全性能も高い方が良い。

コラムシフトは、Toyota パッソ・BB・ポルテ、Nissan キューブ、Mitsubishi コルトが当てはまる。

スピードメーターがセンターにあるのは、Toyota ベルタ・パッソ・BB・ポルテ。

トランクの扉が横に開くのは、キューブ。

ベンチシートは、パッソ(一部)・BB、キューブ、コルト。

パーキングブレーキがレバー式なのは、Toyota カローラ アクシオ・ベルタ・サクシード ワゴン・プロボックス ワゴン・IQ・ヴィッツ、Nissan マーチ、Honda フィット、Mazda デミオ、Suzuki スプラッシュ・スイフト。

ゲート式シフトレバーを装備しているのは、カローラ アクシオ・ベルタ・IQ・ヴィッツ・ラクティス、スプラッシュ、Subaru トレジア。

テレスコピックを装備しているのは、カローラ アクシオ、フィット(一部)、スイフト、トレジア(一部)。

普通自動車のエクステリア・インテリア・性能等で総合判断すると、個人的には、デザイン・内装・走りが欧州車そのもので安全性能も非常に高くかつハンガリーからの逆輸入車であるSuzuki スプラッシュ、スマートでありながら存在感あるデザインと走りが素晴らしくかつ欧州で評価の高いMazda デミオ、フロントの存在感あるデザインと走りの良さがあってかつ欧州の香りを感じられるSuzuki スイフトの順に選ぶと思う。

エコの観点から選ぶのであれば、軽自動車ならDaihatsu ミラ イース、Suzuki アルト エコの順、普通自動車ならデミオ(SKYACTIV)になりそうだ。