Photoshop Elementsの差分パッチを活用して本格的な画像加工

「Photoshop」の廉価版といえば「Photoshop Elements」。

現在の最新バージョンは9

2016年9月27日 追記

現在のバージョンは14。

一部では、6以前の方が軽くて使いやすいと言われている。

関連記事:Photoshop ElementsとPremiere Elementsを安く入手する方法

今回取り上げるのは、「Photoshop Elements」を「Photoshop」に近づける差分(!?)パッチ。「亜夢世界」の管理人であるキノポス氏が公開している。

亜夢世界
http://amu.sekai.pw/

2016年9月27日 追記

現在は公開終了している。

Elementsの1~4にしか適用することができないが、パッチを使うことによって、下記の機能が使えるようになる。

ただし、4のみクイックマスクを使うことができない

レイヤーマスク・aLマスク作成・aLマスク無効・aLマスク有効・aチャンネルRGB・aチャンネルB・aチャンネルG・aチャンネルR・aマスク・aマスク解除・aメモリクリア・a選択変形・a透明CMY・a透明RGB・a透明線画・aスナップショット・aヒストリー画像。

また、Elementsの7~9に適用できるアクションファイルセット(線画抽出・画像透明化セット相当)も公開している。

関連記事:デジタル入稿で必須のCMYKに対応しているグラフィックソフト