ウェブサイトでHTML Validatorを使ってHTMLの構文をチェック

先ほど、トップページのデザインにある程度の目処がついた。

細かいところについては、まだまだ手直しが必要だが、それなりに満足したデザインに仕上がった。

これから数日かけて、その他のページに対しても、トップページと同様の新しいデザインを適用していこうと思っている。

関連記事:同じレンダラであってもブラウザによってサイト表示が異なる

テンプレート化する前に、「HTML Validator(based on Tidy)」でWEBページの文法を確認してみた。

Mozilla Firefoxのプラグインの1つで、ソース表示で文法チェック結果が表示されるのはもちろんだが、更にステータスバーの右端にアイコンで結果が簡易表示されるので、使い勝手も良い。

Firefox以外にも、Google Chromeでは「HTML Validation」を追加することによって使用できる。

なお、Apple Safariでは「エラーコンソールを表示」(現在のページのメニューを表示します→開発)、Operaでは「ソースの検証」(右クリックのメニュー項目)と標準機能で備わっている。

以前は、Safariの「エラーコンソールを表示」を利用していたが、最近はFirefoxの「HTML Validator」を重宝している。

余談だが、iPhoneiPod touchiPadに搭載しているSafariでも同様のことができる(設定→Safari→デベロッパ→デバックコンソールを「オン」にする)。

私自身のページを文法チェックした結果だが、「/( スラッシュ)」が多く入っていて1カ所注意された(0個のエラー / 1個の警告)だけで、それ以外は特に指摘されなかった。

結果に基づき、早速修正した。

その後、「0 errors, 0 warnings」となり、「HTML Tidy」へのリンクバナーが表示された。