Photoshop ElementsとPremiere Elementsを安く入手する方法

Adobe Photoshopの廉価版である「Photoshop Elements」。

印刷向けの色表現法であるCMYKに対応していないなど、幾つか機能が削られている。

けれども、個人レベルでWEBページに使用する画像の作成や編集を行う分には十分事足りる。

関連記事:Photoshop Elementsの差分パッチを活用して本格的な画像加工

パッケージ版を購入すると、8,660円~(乗換え・アップグレード版)。

しかしながら、あと少なくとも1,820円足すだけで、Photoshop Elements 8に加え、Corel Painter Essentials 4(5,550円~)もついた、Wacom CTH-461/S0(ペンタブレット)が10,480円~で購入できる。

ただし、注意点として、「Photoshop Elements」「Painter Essentials」ともに1つ前のバージョンがバンドルされていることだ(現行モデルは、それぞれPhotoshop Elements 9、CorelDRAW Essentials X5)。

余談だが、映像編集ソフトのAdobe Premiere Elements 9(8,660円~)と一緒になったPhotoshop Elements 9 & Adobe Premiere Elements 9もある。

こちらの方は、少なくとも3,790円足すだけで手に入れることができる(12,450円~)。

なお、条件を満たすのであれば、どのソフトも「学生・教職員個人版」(Adobe)、「アカデミック版」(Corel)が最も安いが…。