国産乗用車モデルの採点基準・配点・上位ランキング一覧2017-コストパフォーマンスが高い自動車の選び方

国産乗用車モデルの採点基準・配点・上位ランキング一覧2017-コストパフォーマンスが高い自動車の選び方

自動車評価の基準は、セーフティー(安全性)・ドライビング(走行性)・メンテナンスコスト(維持費)の3つの視点から採点している。 これから高齢化社会を迎えるにあたって、自動ブレーキと誤発進の抑制機能は欠かせない。 特に誤発進の抑制機能は、最近高齢ドライバーによる交通事故が発生してい...

テレスコピック標準装備ドライビング小回り重視の乗用車2017-コストパフォーマンスが高い自動車の選び方

テレスコピック標準装備ドライビング小回り重視の乗用車2017-コストパフォーマンスが高い自動車の選び方

正しい姿勢で運転するのに、チルトステアリングはもちろん、テレスコピックステアリング機構は欠かせない。 チルトステアリングとは、ハンドルの高さ(上下)、テレスコピックステアリングとは、ハンドルの前後(手前・奥)位置を調整する機能のこと。 チルト&テレスコピック機構の調整が活きてくる...

自動ブレーキ・SRSカーテンエアバッグ標準装備の乗用車2017-コストパフォーマンスが高い自動車の選び方

自動ブレーキ・SRSカーテンエアバッグ標準装備の乗用車2017-コストパフォーマンスが高い自動車の選び方

国内専用車をはじめ、世界戦略車であっても日本国内で販売されているモデルは、快適装備を充実させる(省かない)代わりに、安全装備を省いて価格上昇を抑えているのが見受けられる。 例えば、イギリスで販売されている英国モデルのスズキ バレーノ (Baleno)には、国内販売モデルでは省略されてい...

仕事もプライベートも使える後席ヘッドレストある商用車2017-コストパフォーマンスが高い自動車の選び方

仕事もプライベートも使える後席ヘッドレストある商用車2017-コストパフォーマンスが高い自動車の選び方

商用車と乗用車の違いとはなんだろうか。 1つ目は装備について。 乗用車についている快適装備、AM/FMラジオ、エアコン、パワーウィンドウ、パワードアロックはもちろん、ABSやパワステ(パワーステアリング)さえもついていないモデルが存在する。 自動ブレーキ(衝突被害軽...

オートエアコンとパワーウィンドウが標準装備の乗用車2017-コストパフォーマンスが高い自動車の選び方

オートエアコンとパワーウィンドウが標準装備の乗用車2017-コストパフォーマンスが高い自動車の選び方

以前の記事で、マニュアルエアコンとパワーウィンドウが標準装備になっている自動車(乗用車)について記した。 しかし、世間一般では、マニュアルエアコンが標準装備だと、快適装備を気にしない人か少しでも予算を節約したい人でなければ買われることはない。 ただ、マニュアルエアコンを選ぶ利点も...

マニュアルエアコンとパワーウィンドウ標準装備の乗用車2017-コストパフォーマンスが高い自動車の選び方

マニュアルエアコンとパワーウィンドウ標準装備の乗用車2017-コストパフォーマンスが高い自動車の選び方

現在乗っているスバル プレオ(TA-RA2)には、オートエアコンではなくマニュアルエアコンが装備されている。 しかし、マニュアルエアコンだからと言って、それほど不便を感じたことはない。 レバーやダイヤルを目盛りに合わせれば、好みの風量や温度調節が簡単にできるからだ。 それよ...

日本の国土・道路・税金・収入・家族構成に適した乗用車2017-コストパフォーマンスが高い自動車の選び方

日本の国土・道路・税金・収入・家族構成に適した乗用車2017-コストパフォーマンスが高い自動車の選び方

日本での生活に合う自動車(乗用車)とはどういったものだろうか。 自動車の基本性能である走る、曲がる、止まるはもちろん、壊れにくいことが最も重要だ。 乗り出し価格が安いのは必須になっていて、燃費が良いなど維持費が安くないと売れない。 ※カーシェアリングなど若者の自動車離れによ...

若葉マーク初心者向けのコストパフォーマンス高い中古車2017-コストパフォーマンスが高い自動車の選び方

若葉マーク初心者向けのコストパフォーマンス高い中古車2017-コストパフォーマンスが高い自動車の選び方

普通運転免許を取得した直後に買うクルマについて考えてみた。 バックカメラはもちろん、フロントカメラがついていれば、バックや車庫入れの苦手な人でも、時間はかかったとしても、白線内の指定された場所にきれいに駐車することができる。 ※S字カーブやクランク等とともに、自動車教習所の卒業検...